三菱マテリアル

基本方針・体制

新型コロナウイルス感染防止に係る基本方針

当社グループは、従業員の感染防止と事業拠点や地域における感染拡大防止を最優先に、重要事業を停止させることのないよう、グループ共通方針のもと、各種対策に取り組んでいます。

  • 従業員の健康と職場の安全を最優先に、感染予防・拡大防止に万全を期す。
  • 国や行政の要請・指示に従い事業活動を行うとともに、従業員個々人が私生活においても自覚を持って行動する。
  • 社会基盤を支える製品の生産・供給やリサイクル事業が途絶えることがないよう事業継続させ、顧客・社会からの要請に応える。
  • コロナ禍への取り組みを契機にワークスタイルの見直しに繋げ、生産性を向上させる。

新型コロナウイルス感染防止に係る体制

新型コロナウィルス感染症対策本部
(2020年1月に設置)

■役割

  • グループの統一的な感染症対策を指揮
  • 世界各地の感染症の流行状況、医療体制、規制等に応じた対応指針と行動ガイドライン等の策定・展開
  • 従業員の健康状態、事業拠点への影響、サプライチェーンへの影響等の情報を一元管理、社内共有

■メンバー

本部長
危機管理担当執行役
副本部長
CSR・コンプライアンス部長
部員
コーポレート部門、事業部門
海外地域統括会社
事務局
CSR・コンプライアンス部
flow

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。