経営戦略

長期経営方針概要 ~2020年代初頭に向けて

長期経営方針:私たちは、ユニークな技術により、地球に新たなマテリアルを創造し、循環型社会に貢献するNo.1企業集団を目指します。

2020年代初頭に向けて主要セグメントの目指す姿

セメント事業

  • ROA業界世界No.1
  • 環太平洋地域におけるメジャープレーヤー

金属事業

  • 権益鉱比率50%
  • 金銀滓(E-Scrap)処理量世界No.1
  • 銅加工収益性世界No.1

アルミ事業

  • 熱交換器用押出多穴管世界シェアNo.1
  • 飲料用アルミ缶国内シェアNo.1

加工事業

  • 超硬製品世界シェア10%超
  • 高機能製品ROS業界No.1

電子材料事業

  • 世界No.1製品群を有する高収益事業体

近年、世界経済の複雑化、社会ニーズの多様化、技術革新スピードの加速化など、事業環境が大きく変化するなか、当社グループは、「人と社会と地球のために」という企業理念を確実に実現していくため、2020年代初頭に向け、「ユニークな技術により、地球に新たなマテリアルを創造し、循環型社会に貢献するNo.1企業集団」となることを目指してまいります。
当社グループの各事業は、この方針のもと、当社グループならではの技術により、価値ある製品・サービスなどを創造し、その業界・市場において重要な地位を占める存在となるよう取り組んでまいります。 なお、2020年代初頭における事業規模のイメージは、売上高2兆円以上、純利益1千億円以上としております。

中期経営計画については下記のページをご参照ください。

このページの先頭へ戻る