理念

image

私たちが目指すもの

私たちは、総合素材メーカーとして、世の中にとって不可欠な基礎素材を供給し、豊かな社会づくりのために貢献してきました。

現在では、私たちの仕事も、資源、基礎素材から、高い機能性を有する加工製品や新材料、さらにはシステム、エンジニアリングやリサイクルの分野まで、幅広く拡がっています。

このように、私たちは、社会のさまざまなニーズに応えるため、私たちならではのユニークな技術や製品の研究開発に取り組み、より優れた製品、システムやサービスなどを世の中に提供できるように努めています。

私たちは、これからも、公正な事業活動を通じ、社会の高度技術化、情報化、国際化、環境意識の高まりなど、新しい時代の要請にチャレンジし、地球に新たなマテリアルを創造することにより、社会の持続的な発展に寄与したいと考えています。

それと同時に、私たちは、自然の恵みである資源や素材を大切に利用するとともに、それを再生し再利用するという循環型社会に貢献するNo.1企業集団を目指します。

つまり、私たちは、さまざまな事業活動を通して、人と社会と地球のために貢献したいと考えているのです。

※ 「マテリアル」には、素材、製品、サービス、ソリューション、人材など、三菱マテリアルグループが提供できる価値すべてを込めています。

企業行動指針 私たちの行動指針10章

企業理念と共に、私たちが日常遵守すべき行動指針として「私たちの行動指針10章」を制定しております。

第1章

私たちは、多様な個性と価値観を受容できる三菱マテリアルグループを目指し、自己研鑽と自己改革に努めます

1-1
多様な個性と価値観を受容できる三菱マテリアルグループを目指します
1-2
新しい発想で物事に取り組み、自己研鑽に努めます

第2章

私たちは、効率的な企業経営に取り組み、企業としての持続的な発展に努めます

2-1
社会的に意義のある事業に取り組み、社会の持続的な発展に寄与します
2-2
公正な事業活動を通して、企業としての持続的な発展に努めます
2-3
効率的な企業経営に努め、株主のご期待に応えます

第3章

私たちは、すべての人々の基本的人権を尊重し、明るく安全快適な職場環境をつくります

3-1
人間尊重の精神の育成と実践に努めます
3-2
個人の尊厳を尊重し、差別をなくします
3-3
児童労働や強制労働は認めません
3-4
社員の一人一人が会社をつくり上げます
3-5
社員の能力を伸ばします
3-6
明るく安全快適な職場環境をつくります
3-7
良好な労使関係を築きます

第4章

私たちは、安全で良質な製品・システム・サービスを適正な価格で提供し、公正・公平な取引を行います

4-1
安全で良質かつ社会的に有用な製品・システム・サービスを提供します
4-2
公正・公平な取引を行います
4-3
製品・システム・サービスの不具合に適切かつ迅速に対応します

第5章

私たちは、社会から理解と信頼を得られるように努めるとともに、社会との共存共栄を図ります

5-1
地域を大切にする伝統を誇りとし、守り続けます
5-2
社会との共存共栄を図り、積極的に社会活動に参加します

第6章

私たちは、法令を遵守し、社会的良識に従って、公正な企業活動を行います

6-1
法令遵守を徹底します
6-2
自由で公正な競争を行います
6-3
節度ある広告・宣伝活動を行います
6-4
違法な贈答・接待は行いません
6-5
寄付は適正に行います
6-6
政治活動や政治献金を行う場合には、公明正大な手段で行います
6-7
反社会的団体とは関わりを持ちません
6-8
違法な輸出入は行いません
6-9
健全な企業統治体制を構築、運用します

第7章

私たちは、会社の定める規則や基準に従い、誠実に職務を遂行します

7-1
誠実に職務を遂行し不正な行為は行いません
7-2
会社に損害を与えたり、私的利益を得るようなことはしません

第8章

私たちは、環境保全に努め、資源の有効活用とその再資源化に取り組みます

8-1
環境保全に努めます
8-2
循環型の社会システムの構築を目指します
8-3
低炭素社会の実現に向けた取り組みを推進します

第9章

私たちは、積極的な広報活動を行うとともに、情報の価値や権利を尊重します

9-1
積極的な広報活動を行います
9-2
企業情報を適正に管理するとともに、適時適切な開示を行います
9-3
第三者の情報の価値や権利を尊重します

第10章

私たちは、国際社会の一員として、それぞれの地域の発展に貢献します

10-1
海外においても同一の行動指針で事業活動を行います
10-2
国際社会の一員として、それぞれの地域の発展に貢献します

このページの先頭へ戻る

環境方針 循環型社会システムの構築に貢献して参ります

私たちは、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと、地球規模の環境保全の重要性を認識し、「私たちの行動指針10章」に則り、事業活動を通じて持続的発展が可能な社会の実現に貢献します。

私たちは、セメント、銅、金属加工、電子材料等の総合素材メーカーとして、産業社会に多くの基礎素材や製品を供給しています。これらの素材や製品は、私たちの生活の多くの場面で使われています。

素材産業は製造段階における環境負荷が高い側面がある一方、廃棄物の処理や再資源化等を通じて資源の有効利用や資源循環へ貢献できる機能を有しています。

私たちは、事業活動において「環境」という側面を常に考慮し、事業の特性を生かしながら、事業と環境との調和を目指した「環境経営」を実践していきます。こうした理念の下で、法令の遵守はもとより、生活の基盤となる素材、製品の供給やリサイクル事業等を通じて、環境負荷の低い循環型社会の実現に貢献します。

この目的達成のため、以下の事項に取り組んでまいります。

1.環境経営の推進

環境マネジメントシステムの活用や環境教育の拡充等あらゆる機会を通じて環境経営の周知徹底を図り、社員一人ひとりが、環境経営を実践します。

2.環境負荷の低減

環境保全を図るため、事業活動のあらゆる段階において、エネルギーや資源の利用に伴なう、温室効果ガス、廃棄物、有害化学物質等による環境負荷の低減に努めます。また、グリーン調達の促進や環境に配慮した素材、製品、及び技術の開発に取り組むとともに、環境汚染や環境事故の予防等環境リスクの低減に努めます。

3.循環型社会構築への貢献

当社グループにおける事業の特性を活かして、保有する技術や設備を活用しながら、廃棄物の再資源化や廃棄物処理事業等を始めとするリサイクル事業を推進します。また、再生可能エネルギーの利用拡大等を図り、循環型社会システムの推進に貢献します。

4.生物多様性への配慮

天然資源の開発はもとより、持続的発展が可能な社会にとって生物多様性が重要な基盤であることを認識し、自然生態系に配慮して、社会や自然と調和した事業活動を行ないます。

5.低炭素社会の実現に向けた取組み

使用エネルギーの削減や地球温暖化防止に貢献する素材、製品、技術の開発や事業への参画を図ることにより、持続可能な低炭素社会構築に向けた取組みを推進します。また、所有する山林においては、CO2の固定(吸収)にも一層の貢献ができる森づくりを目指します。

6.地域社会との共生

地域の状況を踏まえて、地域社会とコミュニケーションをとりながら環境保全活動に取り組みます。

このページの先頭へ戻る