環境保全への取り組み

地域に根ざす一貫した企業姿勢で
水と緑の地球環境を保守

三菱マテリアルの、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと、直島製錬所は環境保全に積極的に取り組んでいます。 瀬戸内の自然環境を守るため、所内で発生する排ガス・排水を国が定める排出基準よりも厳しく設定し、処理を行っています。

その他にも植林活動や環境学習、リサイクル事業による廃棄物削減や地球温暖化防止など、さまざまな環境保全活動を行っています。

瀬戸内の環境を守るため

マテリアルの森

環の里プロジェクト

環境保全活動として、ビオトープの造成やひまわりの栽培などを始め、環境教育・環境学習を目的とした環の里プロジェクトなど次世代の環境保全につなぐ活動を行っています。過去には、山火事によって緑が失われた区域に植林を行う「マテリアルの森」に取り組み、直島の環境保全に貢献してきました。

マテリアルの森はこちら

環の里プロジェクトはこちら

地球の環境を守るため

リサイクル事業

日本各地から発生するさまざまな廃棄物を処理するリサイクル事業に積極的に取り組んでいます。リサイクル事業の一環として、エコタウン事業も行っています。廃棄物中の有価金属を回収するだけでなく、リサイクル処理する過程で発生する熱を回収し発電に利用することで、温室効果ガスの発生を抑制し化石燃料消費量軽減にも貢献しています。

リサイクル事業はこちら

排ガス、排水、温室効果ガス等の環境情報は維持管理情報として公開されています。