三菱マテリアル

プレスリリース

2023年7月25日

三菱マテリアル株式会社

健康保険の運営主体向け歯科健診サービスを提供する新会社を設立

三菱マテリアル株式会社は、健康保険の運営主体向け(*1)クラウド型歯科健診サービス「スマート歯科健診™」を提供するデンタルドア株式会社(以下、「デンタルドア」)を設立しました。
昨年12月より三菱マテリアルは株式会社日本歯科衛生協会(所在地:東京都目黒区、代表取締役:澤井淳一)とクラウド型歯科健診サービス「スマート歯科健診™」の事業性について検討を進めてまいりました。(*2)
サービスのトライアル提供や事業環境の調査を通じ、当社は十分な事業性と将来性を持つ事業と判断し、「デンタルドア」を設立し事業参入することを決定しました。今後、日本歯科衛生協会の協力のもと2024年2月にサービス開始を目指し、準備を進めてまいります。

デンタルドア株式会社 ロゴマーク

デンタルドア株式会社 ロゴマーク

 「スマート歯科健診™」は、職場単位など集団で行う歯科健診を対象に受診者の口の中をデジタルデータ化する健診サービスです。デジタルデータ化により、受診者はスマートフォン上で自身の歯や歯ぐきの3Dモデルを拡大・縮小・回転させ、これまで直接見ることが難しかった口の中を隅々まで確認することができます。
本事業は、当社にとってヘルスケア分野における初めての本格的な取り組みとなり、今後はサービスに使用するシステム開発などを進め、年間売上高50億円の早期実現を目標として事業化を進めてまいります。
当社グループは2023年度から2030年度までの中期経営戦略において、「人と社会と地球のために、循環をデザインし、持続可能な社会を実現する」ことを私たちの目指す姿と定めました。そして社会構造の変化により、ライフヘルスケア関連領域の市場は今後益々伸長することが予測されています。本サービスを通じて、歯科健診および歯科医院の受診率向上に寄与することで、豊かな社会の実現に貢献してまいります。

(*1)健康保険組合、全国健康保険協会、共済組合などの保険者の保健事業が対象となります。

(*2)2022年12月9日付プレスリリース

健康保険の運営主体向け歯科健診サービスの事業化検討を開始
URL:https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2022/22-1209.html

スマートフォン画面

「スマート歯科健診™」
スマートフォン画面

【デンタルドア株式会社】

名称
デンタルドア株式会社
事業内容
歯科健診の企画・開発・運営・受託
歯科関連の相談、保健指導、コンサルティング
代表者
代表取締役 國友新太
設立
2023年7月
所在地
東京都渋谷区代官山町8-7 Daiwa代官山ビル
資本金
1億円
株主
三菱マテリアル株式会社100%
TEL
03-6778-8430

【株式会社日本歯科衛生協会】

名称
株式会社日本歯科衛生協会
事業概要
歯科保健事業のプロモーション
代表者
代表取締役 澤井淳一
設立
昭和57年4月
所在地
東京都目黒区中根2-12-1 K&Kビル4階
TEL
03-3717-5655

【関連リリース】

2023年5月19日
固体電解質薄膜トランジスタを用いたバイオセンサの製品化に着手
URL:https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2023/23-0519.html

2023年2月1日
免疫センサーの開発・販売を行うイムノセンスへ追加出資
URL:https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2023/23-0201.html

2022年12月9日
健康保険の運営主体向け歯科健診サービスの事業化検討を開始
URL:https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2022/22-1209.html

以上

<本件に関するお問い合わせ>

戦略本社
コーポレートコミュニケーション室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。