三菱マテリアル

プレスリリース

2023年5月19日

三菱マテリアル株式会社
国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学

固体電解質薄膜トランジスタを用いたバイオセンサの製品化に着手
~短時間で複数の核酸・病原体を同時に検出~

三菱マテリアル株式会社と北陸先端科学技術大学院大学(石川県能美市)バイオ機能医工学研究領域の高村禅教授、廣瀬大亮助教は共同で、新規の固体電解質薄膜トランジスタを用いたバイオセンサを開発し、実用化に向けた製品開発に着手しました。

医療の分野における遺伝子検査では、一般的にPCR(Polymerase Chain Reaction)法など核酸を増幅して検査する方法が用いられていますが、検査機器が高価であり、また、大型のため用途が限定されています。
三菱マテリアルでは、従来より金属や酸化物など様々な材料に薄膜を形成するための研究開発を行っており、湿式成膜による薄膜材料開発に関する高い技術力を有しています。このたびの共同開発ではその技術を応用し、検知部に独自に開発した固体電解質薄膜トランジスタを用いた新たなバイオセンサを開発しました(模式図参照)。
本バイオセンサでは、微小な電荷による電圧変化を検出することでPCRなどの増幅法に比べて短時間で検査結果を得ることができます。また、微細加工技術を利用してセンサ素子を並列に複数個配列することができるため、複数の核酸・病原体の同時検出が可能となります。さらに、固体電解質薄膜トランジスタ自体が小さいため、バイオセンサの小型化が可能であり今後も用途の拡大が見込めます。
今後は測定可能な核酸の種類を拡張するとともに、複数の種類を含む病原体を同時に検出可能なセンサの製品化に取り組み、実用化に向けた製品開発を推進します。

三菱マテリアルグループは、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと、これからも非鉄金属素材およびライフヘルスケア分野に付加価値の高い製品の開発・提供を通じて、豊かな社会の構築に貢献してまいります。

新開発のバイオセンサ

新開発のバイオセンサ

【性能】

固体電解質薄膜トランジスタの表面に負の電荷を有する核酸が特異的に吸着した場合、表面電荷の変化が生じ、変化に対応した電圧変化を大きなシグナルとして読み取ることが可能です(図1参照)。

図1 新規開発品によるシグナル増強について

図1 新規開発品によるシグナル増強について

固体電解質薄膜トランジスタを用いて、大腸菌に含まれる稀薄な核酸について、増幅することなく検出できることを確認しました(図2参照)。

図2 大腸菌検出結果

図2 大腸菌検出結果

【関連情報】
本リリースで紹介している固体電解質薄膜トランジスタは、以下のJournalに掲載されています。
Journal of Applied Physics 127, 064504(2020)

【ライフヘルスケア関連プレスリリース】
2023年2月1日
免疫センサーの開発・販売を行うイムノセンスへ追加出資
URL:https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2023/23-0201.html

2022年12月9日
健康保険の運営主体向け歯科健診サービスの事業化検討を開始
URL:https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2022/22-1209.html

以上

<本件に関するお問い合わせ>
三菱マテリアル
戦略本社 コーポレートコミュニケーション室
03-5252-5206

<研究に関するお問い合わせ>
高村 禅(タカムラ ユズル)
北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科
バイオ機能医工学研究領域 教授
0761-51-1661
E-mail:takamura@jaist.ac.jp

<取材に関するお問い合わせ>
北陸先端科学技術大学院大学
広報室(担当:井村)
0761-51-1031
E-mail:kouhou@ml.jaist.ac.jp

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。