三菱マテリアル

プレスリリース

2023年3月30日

三菱マテリアル株式会社

当社の社有林材を活用した学校が北海道で開校
~社有林材の地産地消により持続可能な社会の実現に貢献~

三菱マテリアル株式会社保有の社有林から産出した木材を活用した、北海道安平(あびら)町立早来(はやきた)学園が2023年4月に開校します。

早来学園は町内の3小学校、1中学校が統合し新たに開校する小中一貫の義務教育学校で、図書室や体育館などを地域開放する地元密着型の施設です。開校にあたり新設された校舎は、地元北海道の気候や歴史に育まれた材料や素材をつかうことをコンセプトに建築・設計されました。その中で、同町に所在し当社が所有する早来山林にて、森林整備のために伐採されたカラマツ原木丸太約524m3が新校舎の梁や柱などに使用されています。同校舎で使用されている木材の約半数にあたる量になります。
早来山林は当社が全国に所有する約14,000haの社有林の中でも主要山林の1つであり、当社ではカラマツを中心とした自然環境に配慮した木材生産を行う中、地元の児童、生徒に対し環境教育の場を提供するなど地域貢献活動を実施しています。今回の取り組みを通じ地域の皆さまとの関係をより深め、地域に根ざした様々な活動を行っていく予定です。

当社は日本各地に社有林を保有しており、その区域に生息する動植物の生息環境に配慮する森林経営管理を実践しています。これからも、社有林などでの将来的なOECM(Other Effective area-based Conservation Measures)の取得を目指すなど、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

当社社有林材が使用された校内当社社有林材が使用された校内
早来山林早来山林
安平町立早来学園 全景(イメージ)

安平町立早来学園 全景(イメージ)

【関連情報】
安平町「早来地区義務教育学校(早来学園)特設ページ」
URL:https://www.town.abira.lg.jp/kosodate/asobimanabi/gakko

【関連プレスリリース】
2022年4月8日
生物多様性のための30by30アライアンスへの参加について
URL:https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2022/22-0408.html

2022年5月27日
自然共生サイト(仮称)認定実証事業への協力について
URL:https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2022/22-0527.html

以上

<本件に関するお問い合わせ>

戦略本社 経営戦略部
コーポレートコミュニケーション室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。