三菱マテリアル

プレスリリース

2022年4月 8日

三菱マテリアル株式会社

生物多様性のための30by30アライアンスへの参加について
~社有林を活用し、生物多様性保全に貢献します~

三菱マテリアル株式会社はこのたび、環境省が主導する「生物多様性のための30by30(サーティ・バイ・サーティ)アライアンス」(以下「アライアンス」)に、参加企業として登録されました。
本アライアンスは2030年までに生物多様性の損失を食い止め、回復させる(Nature Positive)国際目標の達成に向けて設立された有志連合です。
日本ではこの目標達成に向け、2030年までに自国の陸域・海域の少なくとも30%を保全・保護すること(30by30(サーティ・バイ・サーティ))の達成を目指し、国立公園等の保護地域の拡充に加え保護地域以外の企業林等で生物多様性保全に資する地域をOECM(Other Effective area-based Conservation Measures)として設定することとしています。

当社は、日本各地に1.4万haの社有林を保有しており、そこに生息する動植物の生息環境に配慮する森林経営管理を実践しています。動植物のモニタリング活動や、生息を確認した希少種のレッドリスト化も行っています。生物多様性にも配慮した持続可能な森林経営に関する認証を、北海道内の9つの山林で取得済みです。
当社ではアライアンスの設立趣旨に賛同し、社有林などでの将来的なOECMの取得を目指すことで、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

アライアンスロゴマーク

アライアンスロゴマーク

<生物多様性のための30by30アライアンス>
https://policies.env.go.jp/nature/biodiversity/30by30alliance/

【関連情報】
マテリアルの森 Instagram
社有林の豊かな自然、森林づくり、イベントに関する情報をお届けしています。
https://www.instagram.com/materials_forest/

以上

<本件に関するお問い合わせ>
戦略本社 経営戦略部 コーポレートコミュニケーション室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。