1)AC耐圧試験を必要とする電源

使用例:SW 電源、インバータ電源、OA 機器及び家電機器の電源

 

注)IEC60950-1 Am.2 Ed.2.0(2013) にて、全てのIT 機器の一次回路において、一定条件を満足したVDR※1) (バリスタ)とGDT※2)ガス入り放電管の直列接続により、基礎絶縁を橋絡することが認められました。

※1) The VDR complies with the requirements of AnnexQ.
※2) The GDT complies with :
*the electric strength test for BASIC INSULATION ; and
*the external Clearance and Creepage distance requirements for basic insulation.

 


■推奨部品

  AC125V AC250V
ノーマルモード(ライン間)  SA1
DSANR‐1
DSAZR1‐301L
DSANR‐3
DSAZR2‐501M
コモンモード SA2
(ライン~GND間)

AC耐電圧試験条件
測定時間(公称)
要求なし DSANR‐1, DSAZR1‐301L DSANR‐3, DSAZR2‐501M
AC1,000V-1min.
AC1,200V-3sec.
DSANR‐4, DSAZR1‐242M
CDA70-272M+バリスタ1)
CDA70L-272M+バリスタ1)
DA53‐272M+バリスタ1)
DSA‐242M+バリスタ1)
DE37‐272M+バリスタ1)
DSAZR2‐242M
CDA70‐272M+バリスタ2)
CDA70L-272M+バリスタ2)
DA53‐272M+バリスタ2)
DSA‐242M+バリスタ2)
DE37‐272M+バリスタ2)
AC1,500V-1min. DSANR‐5, DSAZR1‐302M
CDA70-302M+バリスタ1)
CDA70L-302M+バリスタ1)
DA53‐302M+バリスタ1)
DSA‐302M+バリスタ1)
DE37‐302M+バリスタ1)
DSANR‐5, DSAZR2‐302M
CDA70‐302M+バリスタ2)
CDA70L-302M+バリスタ2)
DA53‐302M+バリスタ2)
DSA‐302M+バリスタ2)
DE37‐302M+バリスタ2)
AC1,800V-3sec. DSANR‐6, DSAZR1‐362M
CDA70-362M+バリスタ1)
CDA70L-362M+バリスタ1)
DA53‐362M+バリスタ1)
DSA‐362M+バリスタ1)
DE37‐362M+バリスタ1)
DSANR‐6A, DSAZR2‐362M
CDA70‐362M+バリスタ2)
CDA70L-362M+バリスタ2)
DA53‐362M+バリスタ2)
DSA‐362M+バリスタ2)
DE37‐362M+バリスタ2)
AC2,000V-1min. DSANR‐10B, DSAZR1‐452M
DSA‐402M+バリスタ1)
DE37‐452M+バリスタ1)
DSANR‐10B, DSAZR2‐452M
DSA‐402M+バリスタ2)
DE37‐452M+バリスタ2)

バリスタ1): バリスタ電圧220V 以上(UL 認定条件は270V 以上)
バリスタ2): バリスタ電圧470V 以上
*表中の+ は放電管とバリスタの直列接続を示す。

Copyright © Mitsubishi Materials Corporation All Rights Reserved.