三菱マテリアル

プレスリリース

2023年5月15日

三菱マテリアル株式会社

ペルー共和国Zafranal(サフラナル)銅鉱山開発プロジェクトにおける
環境許認可取得について

三菱マテリアル株式会社は、Teck Resources Limited(本社:カナダバンクーバー、代表者:Jonathan Price氏、以下「Teck社」)と共同でCompañía Minera Zafranal S.A.C.(以下「CMZ社」)に出資し、Zafranal銅鉱山開発プロジェクト(以下「本プロジェクト」)を進めています。このたび、CMZ社が、ペルー共和国の持続可能環境投資許可庁(SENACE)より環境許認可を取得しました。

この許認可取得に伴い、今後は本プロジェクトの起業費や操業コスト見込みの更新・検証および詳細なエンジニアリング計画の策定を進めます。早ければ、2024年上期にも本プロジェクトの建設可否を判断する予定です。

Zafranal銅鉱山はペルー国南部に位置する中規模銅鉱山で、鉱床の浅部に二次富化帯と呼ばれる比較的軟質な高品位帯が存在するのが特徴です。また、本プロジェクトの銅精鉱は問題となる不純物の含有が少ないことが見込まれています。当社は2023年度から2030年度までの中期経営戦略における資源事業の長期戦略のひとつとして、「継続的な鉱山投資による権益の獲得と銅精鉱の安定確保」を掲げています。本プロジェクトを着実に進めることで、その実現に向けて取り組んでまいります。

Zafranal(サフラナル)銅鉱山開発プロジェクト概要

(1)権益保有者
:Compañía Minera Zafranal S.A.C
(当社(20%)とTeck社(80%)の合弁会社)
(2)位置および地勢
:ペルー共和国アレキパ市の北西約90km、標高約2,900m
(3)採掘法
:露天掘り、選鉱処理プロセス
(4)山命
:19年
(5)選鉱処理量
:最大80,000トン/日、
生産開始から5年間で平均133,000トン/年の銅生産量を見込む
(6)プロジェクト進捗
:事業化調査(Feasibility Study)を2019年6月に完了。
その後2020年1月にかけて付加価値向上のためエンジニアリング
作業等の見直しを実施。
(7)所在地
:下図参照
所在地

【関連プレスリリース】
2013年7月5日
ペルー共和国Zafranal(サフラナル)銅鉱山開発プロジェクトへの参画について
URL:https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2013/13-0705.html

以上

<本件に関するお問い合わせ>

戦略本社
コーポレートコミュニケーション室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。