三菱マテリアル

プレスリリース

2022年1月20日

三菱マテリアル株式会社

NEDOの「グリーンイノベーション基金事業/次世代型太陽電池の開発」に参画
~ペロブスカイト太陽電池の低コスト化、高性能化に向けた周辺材料の開発へ~

三菱マテリアル株式会社は、MMCイノベーション投資事業有限責任組合(以下「当社CVC」)を通じて出資している株式会社エネコートテクノロジーズ(以下「エネコートテクノロジーズ」)の委託先として、国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構(「NEDO」)の「グリーンイノベーション基金事業/次世代型太陽電池の開発」(以下「本事業」)に参画いたします。

ペロブスカイト太陽電池とは、ペロブスカイト結晶の層等を基板に塗布して形成する太陽電池で、現在一般的に使用されている結晶シリコン太陽電池よりも軽量で厚みを約100分の1にできるほか、折り曲げて多様な場所に設置することも可能なため、次世代の太陽電池として普及が期待されており、京都大学発のスタートアップ企業であるエネコートテクノロジーズは、その開発に取り組んでいます。また、同社はペロブスカイト太陽電池に含まれる鉛を代替材料に置き換えることによる、鉛レスの太陽電池の開発も進めています。
当社は、2020年5月に当社CVCを通じて同社に出資し、ペロブスカイト太陽電池の耐久性の向上に貢献する技術や鉛レス化に必要な周辺材料等の開発に関する同社との協業に関する検討を進めています。

こうしたなか、このたび、エネコートテクノロジーズが「設置自由度の高いペロブスカイト太陽電池の実用化技術開発」とのテーマで本事業に採択されました。本事業では、例えば耐荷重の小さい工場の屋根やビル壁面など、既存の太陽電池を設置できなかった場所への太陽光発電の導入に向け、軽量化の実現や建物の曲面などにも設置できる柔軟性を持たせるとともに、変換効率や耐久性などの性能面でも既存電池に匹敵するペロブスカイト太陽電池の実用化が目指されています。当社は、エネコートテクノロジーズの委託先として本事業に参画し、ペロブスカイト太陽電池の普及のための低コスト化、高性能化に向けた周辺材料の開発を行います。

ペロブスカイト太陽電池のイメージ
(エネコートテクノロジーズ提供)

ペロブスカイト太陽電池のイメージ (画像をクリックして拡大イメージを表示)

当社グループは、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと「ユニークな技術により、人と社会と地球のために新たなマテリアルを創造し、持続可能な社会に貢献するリーディングカンパニー」となることをビジョンとしております。今後も、非鉄金属素材および付加価値の高い製品の提供を通じて、豊かな社会の構築に貢献してまいります。

株式会社エネコートテクノロジーズについて

会社名 株式会社エネコートテクノロジーズ
所在地 京都府京都市上京区宮垣町91-102
代表者 代表取締役社長 加藤 尚哉
資本金 90百万円
設立 2018年1月11日
URL https://www.enecoat.com/

※ロシアの研究者であるLev.Perovskiが発見したチタン酸カルシウム(CaTiO3)と同じ構造の結晶

【関連リリース】
2019年3月11日
コーポレート・ベンチャーファンドの設立に関するお知らせ
https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2019/19-0311.html

2020年5月20日
京都大学発ペロブスカイト太陽電池のスタートアップ企業への出資について
https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2020/20-0520.html

2021年5月27日
コーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)の特設サイトを開設
~IoT・AI、都市鉱山、ヘルスケア関連技術への投資、協業を加速~
https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2021/21-0527a.html

以上

<本件に関するお問い合わせ>
コーポレートコミュニケーション部 広報室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。