三菱マテリアル

プレスリリース

2021年12月21日

三菱マテリアル株式会社

無機黒色顔料「NITRBLACK®(ナイトブラック)UB-2」を開発
~世界初の技術をさらに発展させ、紫外線透過性50%以上向上~

三菱マテリアル株式会社及びその連結子会社である三菱マテリアル電子化成株式会社は、従来の無機黒色顔料「NITRBLACK®(ナイトブラック)※1 UB-1」の技術をさらに発展させ、紫外線(以下「UV」)の透過率を従来比50%以上向上させた「NITRBLACK® UB-2」を開発しました。

高性能化が進む液晶ディスプレイや光学式センサー、レンズ等の製品分野では、外部または機器内部からの余分な光を遮るために黒色の周辺材が使用されています。周辺材の基材は耐熱性が低く、その製造には、熱硬化技術(熱により化学反応を起こし、材料を硬くする技術)ではなく、より低温での処理が可能な光硬化技術(特定の波長の光を照射することで化学反応を起こし、材料を硬くする技術。黒色顔料を混合した光に反応して硬化する樹脂を用いる)が活用されています。しかし、従来の技術では、黒色顔料が余分な光(可視光域、人の目で見える光の波長の領域)だけでなく硬化に必要なUV域(可視光よりも短い紫外線の波長の領域)の光も吸収してしまい、硬化が不十分となるという課題がありました。

この課題に対し、当社は2017年、独自の窒化還元技術※2により、高いUV透過性を有する無機黒色顔料「NITRBLACK® UB-1」を世界で初めて開発しました。可視光域の光に対しては十分な吸収性能を発揮しつつ、UV域では高い透過性を有して周辺材の硬化を促すことができる画期的な材料として、お客様からも高い評価をいただいております。

このたび、お客様からのさらなる性能向上のご要望に応えるべく、「NITRBLACK® UB-1」の技術を発展させることにより、可視光域の吸収性能は維持しつつ、UV域の透過性を50%以上向上させた「NITRBLACK® UB-2」の開発に成功しました。「NITRBLACK® UB-2」を用いることにより、樹脂硬化のためのUV照射時間を従来比で4分の1以下(当社試験結果)に短縮でき、より厚い樹脂膜の硬化が可能となります。今後更なる高性能化が進む液晶ディスプレイや光学式センサー、レンズ等向けでの利用拡大のほか、遮光性を有する接着剤等、幅広い用途への展開を見込んでおり、お客様のご使用時のエネルギー効率の改善や温室効果ガスの削減も期待されます。

当社グループは、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと「ユニークな技術により、人と社会と地球のために新たなマテリアルを創造し、持続可能な社会に貢献するリーディングカンパニー」となることをビジョンとしております。 今後も、オンリーワンの素材を供給するとともに、お客様のご要望に合わせた最適なソリューションを提供することで、 豊かな社会の構築に貢献してまいります。

【NITRBLACK® UB-2の用途例】
ディスプレイ用ブラックレジスト、ソルダーレジスト、UV硬化型接着剤・シール材、カバーレイフィルム・インク、UV硬化型インキ、UV硬化型塗料・コーティング材 他

NITRBLACK® UB-2の粉末

NITRBLACK UB-2の粉末

NITRBLACK® UB-2を使用してUV硬化させた樹脂(厚さ1cm)

NITRBLACK UB-2を使用してUV硬化させた樹脂(厚さ1cm)

従来品との透過率比較

従来品との透過率比較 (画像をクリックして拡大イメージを表示)
※1
当社独自の窒素還元(Nitrogen reduction)技術と黒色顔料(Black pigment)の名称を組み 合わせたもので、「NITRBLACK®」は当社の登録商標、「ナイトブラック」は当社の商標です。
※2
窒化還元技術
金属または金属化合物を冶金法の応用や特殊な環境下で加工することにより、窒化物にする技術。

【関連リリース】
2017年9月27日
「NITRBLACK(ナイトブラック)UB-1」を開発
https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2017/17-0927.html

以上

<本件に関するお問い合わせ>
コーポレートコミュニケーション部 広報室:03-5252-5206

<製品に関するお問合せ>
高機能製品カンパニー 電子材料事業部 営業部 化成グループ:03-5252-4657

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。