三菱マテリアル

プレスリリース

2021年11月26日

三菱マテリアル株式会社

温室効果ガス排出量削減目標の見直しについて
~5年前倒しでカーボンニュートラルの実現を目指す~

三菱マテリアル株式会社は、当社グループの温室効果ガス(以下「GHG」)排出量(事業者自らによる直接排出であるScope1および供給されたエネルギー利用に伴う間接排出であるScope2)の削減目標を見直し、2030年度までに47%削減(2013年度比)、2045年度までにGHG排出量を実質ゼロとするカーボンニュートラルの実現を目指してまいります。

当社は本年3月、グループ全体のGHG排出量削減に関して、2030年度までに17%削減(2013年度比)および2050年度までにカーボンニュートラル実現を目指す中長期目標を設定いたしました。その後、日本政府が本年4月に2030年度の温室効果ガス排出量を2013年度に比べて46%削減する目標を公表するなど、気候変動への対応は、さらに重要度を増しています。こうしたなか、当社グループとしても、より気候変動への対応を強化するべく、次のとおり削減目標を見直すとともに、新たな取り組みを進めることといたしました。

  • 2045年度までのカーボンニュートラルの実現(本年3月に公表した2050年度から5年前倒し)を目指す。
  • 中間目標である2030年度までのGHG排出量(Scope1および2)の削減についても、本年3月に公表した目標を引き上げ、2013年度比で47%の削減を目指す。特に、加工事業においては、他の事業に先駆けて、2030年度までに製造に使用する電力の全量を実質CO2フリーとし、総合工具工房としてお客様に貢献できるものづくりを推進する。
  • 取引先のGHG排出量を含むScope3(Scope1および2を除くサプライチェーン全体のGHG排出量)について、2020年度より実績値の集計を開始。今後、取引先との情報共有を進めることで算定精度を高めつつ、取引先のGHG削減計画等も踏まえ、長期的な削減見込みの把握を進めていく。
  • カーボンフットプリント(CFP)の評価と活用を開始し、タングステンや銅スクラップ等のリサイクル原料を使用した製品のGHG排出量の把握を進める。

なお、今回公表した目標におきましては、来年4月に宇部興産株式会社との事業統合を予定しているセメント事業は含めておりません。同事業のGHG削減については、事業統合後、新会社において効果的なGHG削減策を具体化していく予定です。

新たな温室効果ガス削減目標 (画像をクリックして拡大イメージを表示)

当社グループは、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと「ユニークな技術により、人と社会と地球のために新たなマテリアルを創造し、持続可能な社会に貢献するリーディングカンパニー」となることをビジョンとしております。今回見直した目標の達成に向け、環境負荷低減を考慮したものづくりを徹底し、温室効果ガス排出量の削減を積極的に進め、脱炭素社会の構築により一層貢献してまいります。

LCA(Life Cycle Assessment)といわれる製品のライフサイクルにおける投入資源、環境負荷およびそれらによる環境影響を定量的に評価する手法のうち、GHG排出に関わる項目評価の部分を抜き出したもの
【関連リリース】 2021年3月26日
温室効果ガス排出量削減目標の設定および気候関連リスク・機会に係るシナリオ分析に関するお知らせ
https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2021/21-0326b.html

以上

<本件に関するお問い合わせ>
コーポレートコミュニケーション部 広報室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。