三菱マテリアル

プレスリリース

2021年7月30日

三菱マテリアル株式会社

大阪大学発ライフヘルスケア関連のスタートアップ企業イムノセンスに出資

三菱マテリアル株式会社は、本日、大阪大学発のスタートアップ企業、株式会社イムノセンス(以下「イムノセンス」)へ出資を行いました。なお、出資はMMCイノベーション投資事業有限責任組合(以下「当社CVC」)を通じて実施しています。

イムノセンスは、特許技術「GLEIA(Gold Linked Electrochemical Immuno Assay)」によって、高感度と小型化を両立した、独自のPOCT(Point of Care Testing:医療現場でのリアルタイム検査)向け免疫センサーを開発・提供する会社で、「いつでも・だれでも・どこでも医療グレードの迅速検査」を享受できる世界を目指しています。

当社CVCは、2019年3月に日本材料技研株式会社の100%子会社であるJMTCキャピタル合同会社と共同で設立した、コーポレート・ベンチャー・キャピタルです。現在は、次世代電池関連の材料技術、金属加工関連の材料技術、低炭素関連のプロセス技術のほか、中期経営戦略(20-22年度)の研究開発・マーケティング戦略において目指すべき姿や重点ターゲットとして掲げている、都市鉱山関連のプロセス技術、IoT・AI関連の材料技術、ライフヘルスケア関連の材料技術も投資対象として、独自技術を持ち、当社との技術的なシナジーを見出せるスタートアップ企業との協業を加速するべく、取り組んでおります。

このたびのイムノセンスへの出資及び今後の協業を通じ、同社が持つライフヘルスケア関連の技術や知見とのシナジーを見出し、当社が持つ非鉄金属をはじめとする素材に関する知見をライフヘルスケア領域に応用することを目指してまいります。

当社グループは、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと「ユニークな技術により、人と社会と地球のために新たなマテリアルを創造し、持続可能な社会に貢献するリーディングカンパニー」となることをビジョンとしております。今後も、非鉄金属素材および付加価値の高い製品の提供を通じて、豊かな社会の構築に貢献してまいります。

株式会社イムノセンスについて
会社名 株式会社イムノセンス
所在地 大阪市中央区備後町4-1-3
代表者 代表取締役社長 杉原 宏和
資本金 96百万円
設立 2018年1月25日
URL https://immunosens.com/

【関連リリース】
2019年3月11日
コーポレート・ベンチャーファンドの設立に関するお知らせ
https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2019/19-0311.html

2021年5月27日
コーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)の特設サイトを開設
~IoT・AI、都市鉱山、ヘルスケア関連技術への投資、協業を加速~
https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2021/21-0527a.html

以上

<本件に関するお問い合わせ>
コーポレートコミュニケーション部 広報室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。