三菱マテリアル

プレスリリース

2021年4月21日

三菱マテリアル株式会社

車載用小型端子向け銅合金「MSP®5」の本格生産開始
~独自の銅加工技術でCASEを加速~

三菱マテリアル株式会社は、このたび、車載用小型端子およびプレスフィット端子に要求される優れた特性を備えた独自のCu-Mg系固溶強化型※1銅合金「MSP®5」(以下「MSP®5」)の本格生産を開始いたしました。

いわゆる「CASE」に代表される、自動車の自動運転化や電装化などの進展に伴い、車載用端子にはさらなる小型化が求められています。また、製造工程の簡素化や環境負荷の低減の点から、はんだ付けを必要としないプレスフィット端子の需要が日本国内でも拡大しています。
こうした自動車の電装部品に使われる小型端子用合金材料には、高い強度、導電性、耐応力緩和特性(ばねの熱に対するへたりにくさ)に加えて、端子への成形時(特に箱形)に割れや破断が生じにくい、優れた成形性が求められております。

当社は、これまで培ってきた独自の銅加工技術を活かし、よりお客様のニーズに合致した製品を市場に導入するため、営業・開発・研究所が一体となって製品化を進めてまいりました。その結果、2015年に、優れた強度、導電性、耐応力緩和特性を有し、成形性にも優れた「MSP®5」を開発し、これまでサンプル提供などを通じ小型端子およびプレスフィット端子用途を中心に多くのお客様にMSP®5の高い性能と信頼性を評価いただき、このたび、本格生産を開始いたしました。

【MSP®5の特徴】

  1. 材料特性に優れる

    高い強度(0.2%耐力(小型端子ばね形成方向)はSH質別で700MPa以上)と高い導電率(43%IACS)を有しており、銅合金最高水準の強度-導電率バランスを有しております。
    また、耐応力緩和特性にも優れており(150℃、1000hrで残留応力率(初期に付加した応力が加熱長時間保持後に残留する割合)80%以上)、小型端子に非常に適した特性を有します。

  2. 扱いやすさに優れる

    端子の箱曲げ成形がしやすい性質(最小曲げ半径R/t=0(R:曲げ半径、t:板厚)の曲げ性)を有し、小型端子に適しています。
    また、固溶強化型特有の優れたプレス加工性(打抜き加工時の良好な寸法精度、バリの出にくさ)も兼ね備えており、りん青銅の代替としても最適です。
    さらに、ヤング率も低水準(一般的な銅合金:約130GPa、MSP®5:115GPa)であり、これにより、弾性変形領域が広くなり(荷重が加わっても元の形状に戻りやすくなり)、永久変形を抑制することができます。特に、挿入後の反力で電気的接続信頼性を得る構造のプレスフィット端子に最適です。

  3. CO2排出を低減し環境性能に優れる

    MSP®5は固溶強化型銅合金であるため、複雑な熱処理を必要とする析出強化型銅合金※2などに比べ、シンプルな工程で製造する事が可能です。そのため、製造時のCO2排出量を原理的に低く抑える事が出来ます。

当社は、Cu-Mg系高性能固溶強化型銅合金として1986年より車載向け端子、バスバー(電力の分配などに用いられる導体)やリレー(電流のON/OFFをコントロールするスイッチ)で長年好評をいただいている「MSP®1」の製造販売を開始し、その後もお客様のニーズに合わせた製品開発を進めてまいりました。「MSP®5」のほか、主に電気自動車に必要とされる高電圧・大電流用バスバー・高圧端子に最適な「MSP®8」と、近年MSPシリーズとしてラインアップを拡充し、車載用電子・電気機器用銅合金として多くのお客様に採用いただいております。

当社グループは、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと「ユニークな技術により、人と社会と地球のために新たなマテリアルを創造し、持続可能な社会に貢献するリーディングカンパニー」となることをビジョンとしております。今後も、自動車などのさらなる電装化推進に貢献する技術や製品を開発、提供することで、豊かな社会の構築に貢献してまいります。

※1:固溶強化

母相(溶媒原子)の中に別の原子(溶質原子)を溶け込ませること(固溶)により、材料を強化する手法。

※2:析出強化

固溶後、母相(溶媒原子)の中で別の原子(溶質原子)を析出させることにより、材料を強化する手法。

【関連リリース】
2015年3月19日
マグネシウム(Mg)濃度が世界最高水準の銅合金「MSP®5」を開発
https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2015/15-0319.html

以上

<本件に関するお問い合わせ>
コーポレートコミュニケーション部 広報室:03-5252-5206

<製品に関するお問い合わせ>
高機能製品カンパニー 銅加工事業本部 圧延事業部 圧延営業部 第一グループ
03-6629-5861(2021年5月9日まで)
03-5252-4956(同年5月10日以降)
E-mail:mb-copper@mmc.co.jp

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収取しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。