プレスリリース

2020年9月 2日

三菱マテリアル株式会社

除菌性に優れ、変色しづらい銅合金「CLEANBRIGHT®」がボールペン用素材として採用
~一般消費財向けに初、チーム・クリーンブライトの活動成果【第一号】~

三菱マテリアル株式会社は、大手文具メーカーへ筆記具のOEM供給を手掛ける株式会社壽(以下「壽社」。http://koto-com.co.jp/)と除菌性・耐変色銅合金「CLEANBRIGHT®」の販売で成約に至りました。当社は日常生活における感染症対策ニーズの高まりに対応し、社内横断的なチーム・クリーンブライトを結成し、実用品としての製品・用途開発に注力してまいりました。今回の成約はその最初の成果となります。製作に協力したボールペンは、2020年10月15日に発売開始予定です。

壽社は新型コロナウィルスの感染拡大を受け、社会課題の解決という観点から、素材表面に潜在的に除菌性を備えている銅素材に着目しましたが、銅素材は変色する特性があるため、商品化の障壁となっておりました。しかし、当社の「CLEANBRIGHT®」が耐変色性に優れ、シャンパンゴールドの外観を保てることが評価され、今般の成約に至りました。

「CLEANBRIGHT®」は、高頻度接触面の感染症対策に寄与する製品として三菱マテリアルが開発した独自の銅合金です。また、金属素材ゆえに強度に優れ、加工がしやすく、お客様のアイデアを形にしやすい製品です。当社ではお客様からのご要望を伺った上で現物サンプルを送付、形状によっては外注も含めた加工・製造方法の検討、といった形でお客様のひらめきを製品化に繋げるお手伝いをさせていただいております。

今後は壽社より発売されるボールペンに続いて、不特定多数の人が触れるオフィスや公共施設、更には感染対策が強く求められる医療・福祉分野での用途開発、普及も視野に入れ、日本のみならず米国を始め海外での展開も図ります。

新型コロナウィルスの感染被害が特に大きい米国では、カード社会という側面から店舗での会計時の署名に使用するペンのアルコール洗浄を徹底し、レストランではドアノブを素手で触れぬように紙が用意されるなど、共用品の消毒頻度や非接触性を高める衛生対策が講じられており、「CLEANBRIGHT®」を感染抑制の一助に役立てていただけると想定しております。

当社グループは「人と社会と地球のために」という企業理念のもと、「ユニークな技術により、人と社会と地球のために新たなマテリアルを創造し、持続可能な社会に貢献するリーディングカンパニー」をビジョンとしております。今後も、感染症に抵抗力のある社会環境づくりに資するような製品・用途の開発を使命とし「CLEANBRIGHT®」を日常生活の中でさまざまな用途でご活用いただくことにより、人々が健康に安心して暮らせる、豊かな社会の構築に貢献してまいります。

営業を中心に製造・開発・研究所・マーケティング・知的財産のスタッフを結集して社内横断的に編成したプロジェクトチーム
壽社が発売予定の除菌性・耐変色銅合金「Cure29」 壽社が発売予定の除菌性・耐変色銅合金「Cure29」

壽社のプレスリリースはこちら

【関連ウェブサイト】
高機能製品カンパニー銅加工事業部特設サイト
http://www.mitsubishi-copper.com/jp/products/materials/cleanbright/

【関連リリース】
2020年8月19日
「社内横断的プロジェクト「チーム・クリーンブライト」を本格稼働
https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2020/20-0819.html

以上

<本件に関するお問い合わせ>
コーポレートコミュニケーション部 広報室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る