プレスリリース

2020年6月18日

三菱マテリアル株式会社

CONNEXX SYSTEMSに出資し使用済車載LiBのリユースを推進

三菱マテリアル株式会社(執行役社長:小野 直樹、資本金:1,194 億円)は、MMCイノベーション投資事業有限責任組合※1を通じて、次世代型蓄電池の開発を行うスタートアップ企業CONNEXX SYSTEMS株式会社(代表取締役:塚本 壽、資本金:1億円、以下「CONNEXX SYSTEMS」)へ出資を行いましたので、お知らせいたします。

当社グループは、全社方針の一つとして掲げている「新製品・新事業の創出」に向けて、使用済のxEV※2に搭載されているリチウムイオン電池(以下「使用済車載LiB」)をリユース・リサイクルする技術開発を積極的に行っております。具体的には、使用済車載LiBを回収した後、リユース可能なものは定置用蓄電池等として再利用し、それ以外はコバルト・ニッケルなどのレアメタルを取り出してリサイクルする技術を確立させることにより資源循環システムの構築を目指しております。

CONNEXX SYSTEMSは、高度な蓄電池の開発・生産技術を有し、リチウムイオン電池と鉛電池を一体化して総合的に性能を向上させた蓄電池等を販売しています。今後、当社は高い需要が見込まれる再生可能エネルギー発電事業者や医療機関等向けの定置用蓄電池開発等に関してCONNEXX SYSTEMSと協業していくことで、使用済車載LiBのリユース事業を推進してまいります。

当社グループは、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと「ユニークな技術により、人と社会と地球のために新たなマテリアルを創造し、持続可能な社会に貢献するリーディングカンパニー」となることをビジョンとしております。今後もリサイクル可能な製品の提供、高度なリサイクル技術による廃棄物の再資源化を通じて、循環型社会の構築に貢献してまいります。

※1
2019年3月1日に日本材料技研株式会社の100%子会社であるJMTCキャピタル合同会社と共同で設立した、材料技術を有するベンチャー企業を投資対象とするコーポレート・ベンチャーファンド
※2
電動車両の総称。ハイブリッド車(HEV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、電気自動車(BEV)などが含まれる

【関連リリース】
2019年3月11日
コーポレート・ベンチャーファンドの設立に関するお知らせ
https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2019/19-0311.html

2019年4月8日
日本磁力選鉱とコバルト、ニッケル等のリサイクル試験を開始
~xEV(電動車両)用リチウムイオン電池からレアメタルを回収~
https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2019/19-0408.html

2019年8月29日
車載用リチウムイオン電池劣化度診断技術の実証試験を開始
https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2019/19-0829.html

【関連ウェブサイト】
CONNEXX SYSTEMS株式会社 公式ウェブサイト:https://www.connexxsys.com/

以上

<本件に関するお問い合わせ>
コーポレートコミュニケーション部 広報室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る