事業紹介高機能製品カンパニーAdvanced Products Company

世界のエレクトロニクス産業の
進化を支える

あなたのそばの高機能製品

あらゆるものがインターネットに結ばれるIoT時代。スマートフォンをはじめとする「情報通信機器」はより高度に進化し、家電、住宅、公共交通機関をはじめとした移動手段がネットワークでつながり、膨大な情報が蓄積・処理されはじめています。
この中で私たちの製品は、各種電子機器や自動車に不可欠な、有機ELディスプレイ用のスパッタリングターゲット、通信用チップアンテナ、高性能半導体向けの超高純度多結晶シリコンや半導体製造装置用シリコン部材、自動車フロントガラス用の熱線カット塗料、リードフレーム向け銅素材、プリント回路基板で使われるメッキ用銅ボールなど幅広く利用されています。
さらに次世代自動車では、EV用の絶縁放熱基板、各種温度センサ、端子コネクターをはじめ、高電圧での利用に不可欠な無酸素銅ベースのブスバーなど、当社の特長ある製品の製造・販売を通じて社会に貢献しています。

数字で見る高機能製品

高機能製品の将来

次世代自動車の普及に材料・部品で貢献

当社は、自動車に搭載される端子コネクターやリードフレーム向け銅素材のトップサプライヤーであり、次世代自動車に必要な大電流・高電圧に対応する無酸素銅の生産量で世界No.1です。さらに絶縁放熱部品や各種温度センサーなど、ユニークな技術を活かした製品供給を通じ、次世代自動車の普及に貢献しています。
自動車の電装化がますます進展すると見込まれるなか、当社はスマートフォン向け一部製品の販売シェアにおいても世界No.1であり、今後は銅加工品と電子材料のコラボレーションによるパワー半導体関連製品など、新製品・新事業の創出を計画しています。

世界的な事業ネットワーク

高機能製品カンパニーでは、銅加工事業と電子材料事業を合わせ日本国内に8つの直轄製造拠点を有しています。そのうち銅加工事業は、世界7カ国12拠点を有するルバタグループを2017年に買収し、製造・販売拠点を世界的に拡大しました。
当社グループにおける世界的な製造・開発・販売ネットワークのシナジーにより、ボーダレスに事業展開する顧客と信頼関係を構築し、品質や製品の独自性に関する顧客満足度においてNo.1のサプライヤーとなることを目指しています。

トピック

三菱伸銅株式会社を吸収合併

近年の自動車産業のCASE対応をはじめ、ロボット、産業機器、インフラなどの電子制御やIoT化、AI化などに伴い、当社の銅加工品への需要は世界的に高まる見込みにあります。
今後ますます拡大する市場に対し、迅速かつ的確に対応し事業成長を確実に実現していくため、当社は2020年4月1日付で伸銅品の国内生産シェアNo.1を誇る三菱伸銅株式会社を吸収合併しました。この統合を通じた戦略実行により、銅加工事業は、製造設備の増強、マーケットニーズを実現すべく両社の開発リソースを集中した研究・開発体制の強化、調達・製造・販売までのバリューチェーン最適化に加え、ルバタグループ含めた海外および川下事業展開を強化し、銅加工業界におけるグローバル・ファースト・サプライヤーを目指します。

社員の主な出身学科

材料・金属系
化学・化学工学系
物理系
機械系
電気・電子系
土木・建築系
資源・地質系
原子力系
情報・経営工学系
文系

高機能製品カンパニーの職種

コーポレート部門(全事業と関わる部門)

他の事業紹介を見る