三菱マテリアル

プレスリリース

2024年1月19日

三菱マテリアル株式会社

金属事業部門の事業所において
再生可能エネルギー由来の電力への切り替えを大幅に加速
~8割の事業所で2024年度に完全導入~

三菱マテリアル株式会社は、温室効果ガス(以下「GHG」)排出量を2030年度までに2020年度比で45%削減することを目標としています(*1)。その達成に向けては、省エネルギーの推進や、CO2排出量削減に寄与する燃料への転換などとあわせ、再生可能エネルギー(以下「再エネ」)由来の電力(*2)への切り替えを進めています。
このたび、当社グループの中で国内電力消費量の約60%を占める金属事業部門で、購入電力の再エネ由来の電力への切り替え完了時期を、8割の事業所(*3)において2024年度に最大11年前倒しいたします。直島製錬所および小名浜製錬所においても2028年度に7年前倒しすることを決定しました。

当社グループのGHG総排出量のうち、電力起源の排出量は、全体の47%(2020年度実績)を占めています。今回の決定により、2024年度の電力使用に際し、金属事業部門10事業所の内、8事業所において再生エネ電力への切り替えを完了します。また、直島製錬所および小名浜製錬所においても、2024年度の電力使用の半分を再エネ由来の電力に切り替え、2028年度にはすべて再エネ由来の電力に切り替え予定です。

当社グループは、2045年度のカーボンニュートラル実現に向け、環境負荷低減を考慮したものづくりを徹底し、GHG排出量の削減を積極的に進め、脱炭素社会の構築により一層貢献してまいります。

(*1)
2023年7月26日プレスリリース
温室効果ガス排出量削減目標の見直しについて
URL:https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2023/23-0726.html
(*2)
再生可能エネルギー由来の電力:エネルギー源として水力、地熱、太陽光や風力などを用いた電力。非化石証書の調達による実質的な再生可能エネルギー電力を含む。
(*3)
三菱マテリアル(株)またはその連結子会社のうち、金属事業カンパニーの管轄にある以下8つの事業所。
三菱マテリアル(株)生野事業所、細倉金属鉱業(株)、マテリアル・エコ・リサイクル(株)、菱浜興業(株)、マテリアルエコリファイン(株)生野工場および小名浜事業所、東日本リサイクルシステムズ(株)、中部エコテクノロジー(株)

以上

<本件に関するお問い合わせ>

戦略本社
コーポレートコミュニケーション室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。