三菱マテリアル

プレスリリース

2023年3月15日

三菱マテリアル株式会社

新たな結晶構造を持つ酸化スズの合成に成功
-人工光合成への応用が期待できる研究成果-

2022年9月より東京工業大学に設置された「三菱マテリアル サステナビリティ革新協働研究拠点」における共同研究の一環として、当社従業員の参画する東京工業大学の宮内雅浩教授らの研究グループは、二酸化炭素を一酸化炭素に還元できる光触媒(光を吸収して化学反応を促進する物質)として、新しい結晶構造を持つ酸化スズの合成に成功しました。

従来、太陽光エネルギーの半分以上を占める可視光によって機能する光触媒の材料では、高価な金属元素の含有や毒性の問題を有する物質で構成されているなどの課題がありました。近年ではある特定の結晶構造をもつ酸化スズが可視光のもとで光触媒として機能することが知られています。
本研究で合成に成功した新たな結晶構造の酸化スズでは、従来の酸化スズよりも幅広い可視光を吸収することができます。また、光を吸収することによって生成された電子の還元力が強いため、二酸化炭素を一酸化炭素へ還元できる光触媒として利用できる可能性があります。なお当社は、新たな結晶構造の酸化スズについて、蓄積したノウハウを有するシミュレーション技術を用いて、その物質構造と特性を明らかにするプロセスにて貢献しました。

本研究は二酸化炭素の利活用の一つとして、将来的には人工光合成システムへの応用が期待されます。研究成果について、東京工業大学と共同プレスリリースを発表しています。詳細は以下より参照ください。

【添付資料】
東京工業大学、三菱マテリアル共同プレスリリース

【関連リリース】
2022年9月7日
三菱マテリアルと東京工業大学「三菱マテリアル サステナビリティ革新協働研究拠点」を設置
URL:https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2022/22-0907.html

以上

<本件に関するお問い合わせ>

戦略本社 経営戦略部
コーポレートコミュニケーション室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。