三菱マテリアル

プレスリリース

2023年2月27日

三菱マテリアル株式会社
株式会社マテリアルビジネスサポート

システム機能会社「三菱マテリアルITソリューションズ」を設立
~MMDX、ITモダナイゼーションの推進に向け、業務受託子会社を再編し機能を強化~

三菱マテリアル株式会社は、100%子会社で三菱マテリアルグループ(以下「MMCグループ」)の業務受託子会社である株式会社マテリアルビジネスサポート(以下「MBS」)を、2023年4月1日付でシステム業務受託を担う「三菱マテリアルITソリューションズ株式会社」(以下「三菱マテリアルITソリューションズ」)と管理業務受託(広報、総務、経理、人事)を担うMBSの2社に再編します。

本再編により、2023年度から始まる「中期経営戦略2030」のIT戦略で掲げた、データ活用・働き方・セキュリティの観点から事業を支えるITモダナイゼーションの推進を目指します。また、全社デジタル化戦略としてのMMDX(三菱マテリアル デジタル・ビジネス・トランスフォーメーション)をはじめとした、MMCグループにおける各種施策の実行にも取り組んでまいります。

三菱マテリアルITソリューションズ

【概要】

  1. 三菱マテリアルITソリューションズ設立により、システム業務機能を集約、強化し、MMCグループのDXを推進します。
    • MMCグループのシステム機能に関する中核的組織として、三菱マテリアルをはじめとするMMCグループ各社からIT人材・業務を集約するとともに、デジタル人材の教育や採用活動の強化に向けた組織体制・機能を設けます。
    • 三菱マテリアルおよびMMCグループ各社からシステム業務を幅広く受託します。
      DXの中心となるデジタル領域および従来型のIT領域の実行力強化と先進技術活用を推進し、MMDXによるビジネス付加価値・オペレーション競争力・経営スピードの向上やITモダナイゼーションによるデータ活用・働き方・セキュリティ高度化の実現を目指します。
  2. MBSは受託する管理業務についてのさらなる効率化を推進
    • MMCグループの管理業務受託会社として、業務の効率化施策を推進し、集約化・簡素化によるコスト削減および生産性向上を目指します。

【再編後の事業体制(2023年4月1日以降)】

名称 三菱マテリアルITソリューションズ株式会社 株式会社マテリアルビジネスサポート
所在地 東京都千代田区 東京都千代田区
事業内容 コンピュータシステムおよびソフトウェアの企画、開発、保守、運用およびコンサルティング
コンピュータシステム、通信システム、制御システム、事務機器および付属機器・周辺機器の設置、運用管理、保守メンテナンスの業務
企業の管理部門(広報、総務、経理、人事など)の業務の受託
建築物の保守管理、オフィス管理、社内便、清掃等の受託
資本金 3,000万円 1,000万円
決算期 3月31日 3月31日
出資比率 三菱マテリアル株式会社100% 三菱マテリアル株式会社100%

以上

<本件に関するお問い合わせ>

戦略本社 経営戦略部
コーポレートコミュニケーション室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。