三菱マテリアル

プレスリリース

2023年2月10日

三菱マテリアル株式会社

資源循環領域拡大・強化のための組織再編について

三菱マテリアル株式会社は、2023年4月1日付で、資源循環事業および再生可能エネルギー事業強化のため、組織再編を行います。
当社グループは本日、2023年度から2030年度までを対象とする「中期経営戦略2030」を発表しました。新たに「人と社会と地球のために、循環をデザインし、持続可能な社会を実現する」ことを私たちの目指す姿とし、自社の強みをもとに金属資源の循環を強化し、対象範囲、展開地域、規模の拡大によりバリューチェーン全体での成長実現に取り組んでまいります。
この目指す姿の実現に向けて、当社グループの強みである①リサイクル原料から有価金属を取り出すコア技術を有する製錬リサイクル事業(金属事業カンパニー)、②家電・自動車などの廃棄された製品を効率的に解体し、銅製錬プロセスなどに投入する材料を作り出すプロセス・技術に強みを有する環境リサイクル事業(環境・エネルギー事業カンパニー)について2つの事業を統合し、金属事業カンパニーの運営下において全体最適での収益機会創出を追求、実行する体制とします。
これにより、廃棄製品から銅製錬などのプロセスへ投入可能な原料を取り出し、有価金属を抽出することを一貫した事業として効率的に行い、高い競争力を持つビジネスモデルの構築を目指します。
また、2045年度のカーボンニュートラル達成、さらには2050年度にはグループ全体で消費する電力と同量以上を自社再生可能エネルギーで発電する目標を達成するために、全社として再生可能エネルギー事業を戦略的に推進していく体制とします。
当社グループは、新たな組織体制のもと「中期経営戦略2030」の着実な実行を目指してまいります。

本組織再編に関連する事業・分野

「中期経営戦略2030」より
本組織再編に関連する事業・分野

(画像をクリックして拡大イメージを表示)
【概要】

2023年4月1日付で、次のとおり組織再編を行います。

  • 環境リサイクル事業を「金属事業カンパニー」へ統合し、「資源循環事業部」を新設
  • 再生可能エネルギー事業を「戦略本社」へ移管し、「再生可能エネルギー事業部」を新設
組織再編 (補足:2023年4月1日付で環境・エネルギー事業カンパニーは廃止となります。)

以上

<本件に関するお問い合わせ>

戦略本社 経営戦略部
コーポレートコミュニケーション室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。