三菱マテリアル

プレスリリース

2023年1月 4日

三菱マテリアル株式会社
執行役社長 小野 直樹

2023年社長年頭挨拶要旨

三菱マテリアルグループの社員の皆さんにおかれましては、健やかに新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

昨年は、サッカーのワールドカップで日本でも多くの人々が盛り上がりを見せました。
サッカーに限らず、スポーツは試合を通して、決められたルールの下で、勝敗を決するものです。
勝敗を決するのは、技術の優劣だけでなく、精神的な面で勝ちたい気持ちが強い方が勝つ、ということを口にするスポーツ選手は多いようです。
もちろん、勝負なので勝者がいれば必ず敗者が存在します。勝とう、勝ちたいと思って努力をしたうえでの敗戦ならば、悔しい気持ちもさることながら、その努力した分だけ勝ちに匹敵する素晴らしい経験となって、次につながるのだと思います。但し、それは相応の努力をすることが前提です。

本日は、年頭にあたり、"かち"について、少しお話をしたいと思います。
勝負の勝ち負けの「勝ち」についても、もちろん触れますが、まずは、価値観という意味の「価値」について話したいと思います。

「人と社会と地球のために」を企業理念に掲げる当社グループは、企業理念体系の中で"私たちが大事にすべきもの"を価値観として、定めています。皆さんに携帯してもらっている、緑色のカードにも記載されているものです。

この価値観、"私たちが大事にすべきもの"は三項目からなっています。

一つ目は、「多様な個性の尊重とチームワーク」を大事にしようということです。
多様な個性を認めて尊重するというのは、最近よく耳にするD&Iの"ダイバーシティ"に他なりません。その上で各自の長所を活かしてより強力なチームワークを発揮しようというのは"インクルージョン"につながる考えです。

二つ目は、「誠実かつ迅速果敢な行動」を大事にしようということです。
常に誠実であることをこころがけ、スピード感をもってどんな困難にも勇気をもって立ち向かおうということです。
誠実であるということは、差し迫った状況における業務の判断の優先順位として掲げる「SCQDE」*のSCQの徹底を優先することでもあると考えます。
日頃、よくお話をしている"バッドニュースファースト"も、誠実かつ迅速な行動の一つとして捉えることができると思います。

三つ目は、「顧客・社会のニーズ実現への飽くなき挑戦」を大事にしていこうというものです。
顧客や社会が必要とするもの、言い換えると"社会課題"ですが、優れた品質と適正な価格を以ってその課題の解決に、あきらめずに挑戦し続けようというものです。
二つ目で述べた、迅速果敢な行動をもって、あきらめずに挑戦していくことが、「SCQDE」のDとEをもたらすと思います。

さて、次にもう一つの「勝ち」、勝負の勝ち負けの「勝ち」です。

現在策定を進めている新中期経営戦略では私たち経営陣は、「勝ち」という言葉を軸として人事戦略を検討しています。

中期経営戦略を策定する過程では多くの時間を費やして、様々な観点から議論をしていますが、戦略をまとめることが最終目的となってしまって、それが出来上がると何か一仕事終えたような気分に、得てしてなりがちです。

しかしながら、大切なことは策定したプランに沿って、その目標を下げることなく、いかに実行するかというところにあります。中期経営戦略を絵にかいた餅としないように、「勝ち」にこだわり、こだわりぬいていく姿勢をもった組織として、中経の実行、目標の達成に挑んでいきたいと考えます。

今年は、是非、私たちが大事にすべき価値観をベースにして、勝負の「勝ち」にこだわる年にしていきたいという思いで、二つの"かち"について話をしました。

冒頭にスポーツにおいては、「勝ち」へのこだわりが強いことが、大切であることを話しましたが、是非この「勝ち」にこだわる組織として、中期経営戦略を実行し、目標を達成していきたいと考えます。
言葉で言うほど簡単なことではないことは分っていますが、難しいことであるからこそ、良い結果がもたらす達成感が大きく、そこにやりがいを見出すことが出来ます。
本年も皆さんとともに挑み続けていきますので、どうぞよろしくお願いします。

*「安全・健康(S)、コンプライアンス・環境保全(C)、品質(Q)、納期(D)、利益(E)」を表します。

以上

<本件に関するお問い合わせ>

戦略本社 経営戦略部
コーポレートコミュニケーション室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。