三菱マテリアル

プレスリリース

2022年1月28日

三菱マテリアル株式会社

NEDOの「グリーンイノベーション基金事業/
CO2を用いたコンクリート等製造技術開発プロジェクト」に参画
~廃コンクリートからのセメント回収および炭酸塩化技術開発に着手~

三菱マテリアル株式会社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(「NEDO」)の「グリーンイノベーション基金事業/CO2を用いたコンクリート等製造技術開発プロジェクト」に参画し、セメント分野「多様なカルシウム源を用いた炭酸塩化技術の確立」(以下「本事業」)の技術開発に取り組んでまいります。

本事業は、廃コンクリートや焼却灰などのカルシウム(Ca)を含有する廃棄物等から酸化カルシウム(CaO)を抽出し、セメント製造工程から回収した二酸化炭素(CO2)と反応させて炭酸塩(CaCO3)を生成し、これを原料としたカーボンリサイクルセメントを製造することにより、セメント産業でのカーボンニュートラルの実現を目指すものです。住友大阪セメント株式会社を幹事とし、大成建設株式会社、当社の3社および国立大学法人山口大学、国立大学法人九州大学、国立大学法人東京工業大学、国立大学法人東京大学の4大学の産学連携で技術開発を進め、2030年までの技術確立および社会実装を目指す計画です。

本事業の中で当社は、2025年度までに、廃コンクリートからのセメント微粉(CaO)の効率的な回収、およびセメント工場の排ガス(CO2)を用いたセメント微粉の直接炭酸化(CaCO3生成)について実証試験を実施します。なお、本技術開発は住友大阪セメント株式会社、大成建設株式会社および国立大学法人東京大学との共同開発を予定しております。
(2022年4月1日以降、UBE三菱セメント株式会社が承継いたします。)

当社グループは、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと「ユニークな技術により、人と社会と地球のために新たなマテリアルを創造し、持続可能な社会に貢献するリーディングカンパニー」となることをビジョンとしております。今後も、環境負荷の低減に寄与する技術開発を通じて、循環型社会の構築に貢献してまいります。

以上

<本件に関するお問い合わせ>
コーポレートコミュニケーション部 広報室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。