三菱マテリアル

プレスリリース

2022年1月20日

三菱マテリアル株式会社

経済産業省が定める「DX認定事業者」に認定

三菱マテリアル株式会社は、このたび、経済産業省が定める「DX認定事業者」としての認定を取得いたしました。

DX(デジタルトランスフォーメーション)認定制度とは、「情報処理の促進に関する法律」に基づき、経済産業省が定める「デジタルガバナンス・コード」の基本的事項に対応し、DX推進の準備が整っている事業者を国が認定する制度です。

DX認定

当社は、2020年4月にDX推進本部及びCDO(Chief Digital Officer)を設置し、デジタル化戦略(MMDX:三菱マテリアル デジタル・ビジネストランスフォーメーション)を進めてまいりました。
現在は、2020年度から2025年度までの6年間のMMDX実行計画に沿って、「『顧客との距離を縮める』を柱にすべての業務プロセスを見直す」、「競合の取り組みに追いつき、グローバルで勝っていくための基盤をつくる」、「安全・安心などものづくり活動の高度化、経営管理やデータ活用の高度化、業務効率化の推進など経営基盤を強くする」などをポイントに選定した21のテーマを実行するとともに、DX人材の基盤強化を図るべく、デジタル・マインド/リテラシーの向上、DX人材の育成のためのワークショップを実施するなど、様々な取り組みを進めております。
2021年12月からは、MMDXにおける事業DXで初めてとなる成果として、E-Scrapビジネスにおける新しいプラットフォーム「MEX」(Mitsubishi Materials E-Scrap EXchange)の運用を開始しており、これからも着実に実行計画を推進してまいります。

当社グループは、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと「ユニークな技術により、人と社会と地球のために新たなマテリアルを創造し、持続可能な社会に貢献するリーディングカンパニー」となることをビジョンとしております。今後も、デジタルトランスフォーメーション(DX)により「ビジネス付加価値向上」、「オペレーション競争力向上」、「経営スピード向上」を推し進め、高付加価値な製品・サービスを提供するリーディングカンパニーを具現化してまいります。

【関連情報】
当社のデジタルトランスフォーメーション(MMDX)の取り組みについて
https://mmc.disclosure.site/ja/themes/124

E-Scrapプラットフォーム「MEX」紹介サイト
https://lp.mex-mmc.com/

DX認定制度認定事業者の一覧
https://disclosure.dx-portal.ipa.go.jp/p/dxcp/top

以上

<本件に関するお問い合わせ>
コーポレートコミュニケーション部 広報室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。