三菱マテリアル

プレスリリース

2021年10月15日

三菱マテリアル株式会社

カーボンリサイクル技術がNEDOの研究開発委託事業として採択
~CO2の資源化に向けた新技術開発と実用化を加速~

三菱マテリアル株式会社が研究開発を進めてきたカーボンリサイクルプロセスが、このたび、「二酸化炭素の化学的分解による炭素材料製造技術開発」として、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2排出削減・有効利用実用化技術開発」に採択されました。

当社は、カーボンニュートラルに向けた新事業の創出として、2017年より二酸化炭素(CO2)を分解し、炭素材料としてリサイクルする技術の研究開発に着手し、その後、試験を重ね、2018年にビーカースケール試験において、CO2を分解し、微粒子の炭素ナノ材料を回収することに成功しました。CO2の分解には、水素ガスと反応させ活性化した還元剤(粉末状の金属酸化物)を用い、活性化した還元剤とCO2を300℃程度で反応させることによりCO2を分解、還元剤に炭素が付着します。その後、還元剤と炭素を分離し、微粒子の炭素ナノ材料(有価物)として回収します。炭素ナノ材料は、カーボンブラック(タイヤの補強材)、電池材料(電極)、構造材料など、多様な用途への応用が期待されます。また、使用済還元剤についても再生利用が可能で、その再生過程において水素の製造が可能であり、CO2の再利用と水素製造を同時に実現できる画期的なプロセスです。

本委託事業は、2021年度から2025年度の5年間の予定で、要素技術の開発、プロセスの最適化、炭素の用途拡大、経済性検討などを行い、事業性について検討していきます。その後は、規模を拡大しての実証試験を経て、2030年頃の実用化を目指しています。

本委託事業における研究開発テーマのイメージ 本委託事業における研究開発テーマのイメージ (画像をクリックして拡大イメージを表示)

当社は、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと「ユニークな技術により、人と社会と地球のために新たなマテリアルを創造し、持続可能な社会に貢献するリーディングカンパニー」となることをビジョンとしています。今後も、本技術の実用化を含め、CO2排出量の削減や炭素の有効利用を進めることで、脱炭素社会の構築に貢献してまいります。

以上

<本件に関するお問い合わせ>
コーポレートコミュニケーション部 広報室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。