三菱マテリアル

プレスリリース

2021年7月14日

三菱マテリアル株式会社

xEV用急速充電器向け雷害対策部品の新製品を開発
~ラインナップを拡充し、すべての主要規格に対応~

三菱マテリアル株式会社は、次世代のxEV用高出力急速充電器に対応するため、雷害対策部品(サージアブソーバ)「DA53」シリーズの新製品を開発し、ラインナップ拡充をいたしました。

世界各国で、CO2をはじめとする温室効果ガスの排出量削減の取り組みが進展し、電気自動車をはじめとしたxEVの普及が進むなか、従来よりも短時間でxEVを充電できる急速充電器の普及が求められています。こうした充電器を安定的に運用するためには、落雷などの異常電圧(サージ)から機器を保護する「雷害対策」が極めて重要になります。

当社は、サージに対する反応に優れた画期的な雷害対策部品として、1998年にサージアブソーバ「DA53」シリーズを開発し、これまで、OBC(On-Board Charger)や普通充電器向けを中心にご好評をいただいております。こうしたなか、今後拡大するxEV市場に対応するため、このたび、より充電電圧が高い急速充電器向けに、「DA53」シリーズの新製品「DA53-102M」、「DA53-152M」を開発し、同シリーズのラインナップを拡充いたしました。これにより、「DA53」シリーズは、主要な規格(CHAdeMO、GBT、CCS、Supercharger)全てに対応可能となり、お客様のご要望に合わせたきめ細かなソリューションをご提供可能となりました。

当社グループは、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと「ユニークな技術により、人と社会と地球のために新たなマテリアルを創造し、持続可能な社会に貢献するリーディングカンパニー」となることをビジョンとしております。 今後も、オンリーワンの素材を供給するとともに、お客様のご要望に合わせた最適なソリューションを提供することで、 豊かな社会の構築に貢献してまいります。

DA53シリーズの外観 DA53シリーズの外観
※1
OBC(On-Board Charger)とは、EV車両を動かすために使用される高電圧バッテリシステム
※2
普通充電器とは、単相交流AC 100Vコンセントまたは200Vコンセントを使用し、EV車両を充電するための機器
※3
急速充電器とは、3相200Vを使用し直流出力(DC150V-450V)でEV車両を充電するための機器。普通充電器に比べて短時間で充電可能

以上

<本件に関するお問い合わせ>
コーポレートコミュニケーション部 広報室:03-5252-5206

<製品に関するお問い合わせ>
高機能製品カンパニー 電子材料事業部 営業部 デバイスグループ
03-5252-4673
E-mail:devasales@mmc.co.jp

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。