三菱マテリアル

プレスリリース

2021年7月 9日

三菱マテリアル株式会社

独自の銅合金による新型コロナウイルスの不活化を実証
~接触10分で検出限界まで感染力を低下~

三菱マテリアル株式会社は、当社が特許を保有する除菌性に優れ、変色しづらい独自の銅合金(特許登録番号:5245015)の新型コロナウイルス(ウイルス名:SARS-CoV-2)に対する不活化試験を、奈良県立医科大学に委託して実施し、接触10分以内に検出限界まで感染力が低下することを確認いたしました。

独自の銅合金による新型コロナウイルスの不活化を実証
・試験方法
ISO21702に準拠した方法により実施。
銅合金の板に新型コロナウイルスを接種し、4cm角のフィルムで被覆。一定の作用
時間後にウイルスを回収し、ウイルス感染価をプラーク法にて算出。
具体的な試験条件及び試験結果は、奈良県立医科大学の公式ホームページ(https://www.naramed-u.ac.jp/university/kenkyu-sangakukan/oshirase/mbtsars-cov-2-page3.html#MitsubishiMaterials)で公表されております。
本試験は、奈良県立医科大学において、一定の条件下で実施されたものであり、製品として使用した際の性能を保証するものではありません。

当社グループは、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと、「ユニークな技術により、人と社会と地球のために新たなるマテリアルを創造し、持続可能な社会に貢献するリーディングカンパニー」をビジョンとしております。今後も、独自の技術を通じて、人々が健康に安心して暮らせる、豊かな社会の構築に貢献してまいります。

<本件に関するお問い合わせ>
コーポレートコミュニケーション部 広報室:03-5252-5206

<製品に関するお問い合わせ>
高機能製品カンパニー 銅加工事業本部 押出線材事業部 環境製品営業部
072-233-9001
E-mail:mb-copper@mmc.co.jp

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収集しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。