三菱マテリアル

プレスリリース

2021年1月26日

湯沢地熱株式会社
電源開発株式会社
三菱マテリアル株式会社
三菱ガス化学株式会社

一般財団法人新エネルギー財団「令和2年度新エネ大賞」
資源エネルギー庁長官賞受賞について
~環境配慮と地域に共生した、国内23年ぶりの出力1万kWを超える山葵沢地熱発電所の導入~

電源開発株式会社、三菱マテリアル株式会社及び三菱ガス化学株式会社の共同出資により設立いたしました湯沢地熱株式会社(取締役社長:大樂良二)は、一般財団法人新エネルギー財団「令和2年度新エネ大賞」におきまして、資源エネルギー庁長官賞(導入活動部門)を受賞いたしました。
2019年5月20日に運転を開始した、秋田県湯沢市に位置する山葵沢地熱発電所(ダブルフラッシュ方式、発電出力46,199kW)は、出力1万kW を超える大規模地熱発電所としては国内では23年ぶりであり、特に「希少植物」「希少動物」「昆虫類」等環境への配慮を行うとともに、温泉事業者への対応など地域との共生を第一に取り組んでいます。現在も特に大きな問題もなく順調に稼働しており、温室効果ガスの削減とともに地熱発電電力量増加に貢献するものとして高く評価されたことが受賞理由です。
湯沢地熱株式会社は、今後とも、山葵沢地熱発電所の安定稼働を通じて、再生可能エネルギーの活用拡大に貢献してまいります。

<発電所全景> 発電所全景 (画像をクリックして拡大イメージを表示)
※本事業は独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(理事長:細野哲弘 氏、本部:東京都港区)より地熱資源開発資金債務保証事業としてご支援を受けているものです。

以上

<本件に関するお問い合わせ>

湯沢地熱㈱ 総務部
0183-55-2555
電源開発㈱ 広報部
03-3546-2211
三菱マテリアル㈱ コーポレートコミュニケーション部 広報室
03-5252-5206
三菱ガス化学㈱ 総務人事部 広報グループ
03-3283-5040

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る

当サイトでは利便性向上およびマーケティング活動のために閲覧履歴(クッキー)を収取しています。サイトご利用にあたっては右のボタンよりご同意お願いいたします。
なお、この設定の変更は「ご利用にあたって」の「閲覧履歴の収集」から行えます。