プレスリリース

2020年3月 2日

三菱マテリアル株式会社

持続可能な原料ポートフォリオの実現に向け「鉱業技術研究所」を設立

三菱マテリアル株式会社(執行役社長:小野 直樹、資本金:1,194億円)の金属事業カンパニーは、既存の製錬技術開発拠点に金属鉱山の選鉱をはじめとする資源技術の開発機能を加え、本年4月1日付で、鉱業技術研究所(香川県香川郡直島町)を設立することとしましたので、お知らせいたします。

近年、資源獲得競争は激しさを増して、優良な銅鉱山の新規開発案件は少なくなりつつあります。また、既存の操業鉱山では採掘の深部化に伴う鉱石品位の低下や銅精鉱中の不純物の増加が顕著となっており、クリーンな銅精鉱の安定調達はますます厳しい競争に晒されています。こうした環境のもと、当社は既存の鉱山案件における不純物除去技術の開発をはじめとする操業改善や、新規開発案件に対する評価体制の強化など、資源技術の強化・高度化を推進することとしております。

このたび、当社は直島製錬所内にある製錬技術開発センターに新たに資源技術者を配置し、鉱業技術研究所として、金属鉱物の分析から採鉱・選鉱技術、製錬プロセス技術、金属リサイクル技術までの一貫した技術開発体制と整えることといたしました。金属鉱物に関する種々の技術課題に対して迅速かつ機動的に対応するとともに、産官学共同研究等を通じて国内外の最先端技術を積極的に取り入れることで、製錬技術の高度化と資源技術者の育成にも取り組んでまいります。

三菱連続製銅法を有する当社は、同法を利用したE-Scrapのリサイクル、環境負荷の低減等を進めており、独自の強みを有しております。製錬技術と資源技術の融合から創造される当社独自の技術資産を充実することによって、多様な鉱山案件に参画できる体制を強化するとともに、製錬・リサイクルプロセスにおけるマテリアルフローの最適化を推進し、持続可能な原料ポートフォリオの形成を目指します。

当社グループは、長期経営方針において「ユニークな技術により、人と社会と地球のために新たなマテリアルを創造し、循環型社会に貢献するリーディングカンパニー」になることを目指しております。今後も銅をはじめとする素材、製品の安定供給を通して、社会に貢献してまいります。

鉱業技術研究所の概要

・所在地
香川県香川郡直島町4049-1
三菱マテリアル株式会社 直島製錬所内
・名称
鉱業技術研究所
・業務内容
資源技術及び製錬・リサイクル技術の研究及び開発
・主な設備
鉱物及び品位分析装置、選鉱試験装置、製錬試験装置、分析評価装置、
リサイクル原料選別装置、他
鉱業技術研究所の機能(イメージ図) 鉱業技術研究所の機能 (画像をクリックして拡大イメージを表示)

以上

<本件に関するお問い合わせ>
三菱マテリアル㈱ 総務部広報室:03-5252-5206

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る