製錬・セメント資源化システム

最終処分場を必要としない資源リサイクルの実現に向けて

「資源小国」「廃棄物大国」と言われる日本は、循環型社会の構築に向けて、多くの課題を抱えており、当社ではグループを挙げて環境リサイクル事業に取り組み、持続的発展が可能な社会の形成に挑戦しています。特に、非鉄製錬業とセメント製造業との協業による「製錬・セメント資源化システム」は、お互いの施設で発生する副産物を互いに原材料として有効活用することで、最終処分場を必要としない環境リサイクル事業に取り組んでいます。
この取り組みは、「三菱連続製銅法」を有する非鉄製錬業と、超高温の焼成炉を持つセメント製造業をあわせ持つ日本唯一の企業体である当社だからこそ実現したものです。
「製錬・セメント資源化システム」は、逼迫する最終処分場の延命に大きく寄与し、また日本の循環型社会を実現するためにも重要な位置付けにあると考えています。

図

三菱連続製銅法

図

当社が独自開発した三菱連続製銅法は、無公害・高能率を特徴とする製銅プロセスです。投入した銅精鉱は、樋で連結した三炉を経て連続的に粗銅(98.5%)が得られます。設備がコンパクトであり、省エネルギー、低コスト化にも役立っています。

高温焼成プロセス

図

各種原料(廃棄物・副産物含む)は、原料工程で調合され、焼成工程で水硬性の化合物になるように高温で焼成されます。
最高温度(1,450°C)に達して所定の化学反応を終えたら、一気に冷却してクリンカと呼ばれる黒い固まりをつくります。

* MFC:石灰石の脱炭酸反応を行うための当社開発の流動式仮焼炉。

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る