国内での活動トピックス

多様な文化・価値観をベースとした国際交流活動(三田工場)

三田市立長坂中学校での講演 三田市立長坂中学校での講演

三田工場(兵庫県)では、三田市立長坂中学校の国際理解教育の一環として講演を行いました。中国出身の当社社員張守斌が、自国の文化や価値観を大切にしたうえで他国の文化や人々を理解すること、グローバル社会で活躍するための学びの大切さ等を話し、生徒たちから「語学の勉強を頑張りたい」「世界で活躍したい」といった感想が寄せられました。張は入社前の留学生時代から、国際交流や日中友好親善等の活動を続けています。
世界29ヵ国に24,000人の社員がいる当社グループでは、さまざまな国籍や背景、価値観を持つ社員がともに働いています。社員たちが培った相互尊重の思いを基に、今後も国際交流活動を進めていきます。

このページの先頭へ戻る

「川と海のクリーン大作戦」へのボランティア参加(岐阜製作所ほか)

清掃作業の様子 清掃作業の様子

回収されたゴミ 回収されたゴミ

当社岐阜製作所(岐阜県安八郡神戸町)の地元では、木曽三川(木曽川・長良川・揖斐川)をはじめとする大河川が集まる地域特性から、1999年以来、国土交通省中部地方整備局と近隣自治体が中心となり、木曽川水系、庄内川水系及び伊勢湾沿岸を含む11河川2海岸部にわたる大規模な「川と海のクリーン大作戦」が毎年秋に実施されており、2006年10月には当社グループ(当社岐阜製作所、(株)リョウテック、エムエムシーツーリング(株))の社員・家族約50名も参加しました。
ふるさとの象徴ともいえる「川と海」は、近年、漂着ゴミ、投棄ゴミ、置き去りゴミ等により景観や生態系にも大きな影響を受けていますが、この大切な自然を守るために一人ひとりができること~I can do~として、美化活動にとどまらず、川づくり・まちづくりへの意識啓発を含め、地元自治体と協働しつつ、社員の積極的な参加を支えていきたいと考えています。

このページの先頭へ戻る

H&C運動の実施(ユニバーサル製缶(株))

飲料用アルミ缶の蓋(ふた)や同アルミボトル缶のキャップを製造している当社のグループ会社・ユニバーサル製缶(株)の富士小山工場(静岡県)では、1991年より「H&C(ヘルス&クリーン)運動」を実施しています。この運動は、ウォーキングで従業員とその家族の体力・健康増進を図るとともに、アルミ缶製造メーカーとして、周辺道路や側溝などに散乱する空き缶をはじめとするゴミを回収し、地域環境の改善に努めることを目的としています。
毎年、春と秋の2回実施しており、社員が家族ぐるみで気軽に参加できる恒例行事として親しまれており、美化活動をしながら運動もでき、住民の方々にも喜んでいただける活動として、今後も継続していきたいと考えています。

工場から出発 工場から出発

PRハッピを着ての運動参加 PRハッピを着ての運動参加

空き缶やゴミを回収 空き缶やゴミを回収

ゴミ回収車 ゴミ回収車

参加者全員で記念撮影 運動終了後 参加者全員で記念撮影

このページの先頭へ戻る

花いっぱい運動で地域コミュニケーションに貢献(九州支店 筑豊事務所)

花いっぱい運動

筑豊事務所では、地域活動の一環として、1996年より地元福岡県飯塚市が主催する「花いっぱい運動」に参加しています。2001年からは花壇コンクールで毎回入賞を重ね、2011年秋には見事念願の金賞を受賞しました。丹精込めて種から育てた花々が咲く花壇は環境美化のほか、幼稚園の子供達をはじめ、地元の方たちの散歩コースや憩いの場として、地域コミュニケーションにも貢献しています。

前の10件 1  2

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る