TECHNICAL技術系(理系のみ)

高機能製品カンパニー技術

ミッション

確かな研究開発力と製造技術力により、世界中のお客様に新しい製品・ソリューションを提案し、自動車、半導体・エレクトロニクス産業の発展に貢献します。

仕事タイプ

高機能製品カンパニーの技術職では、主な業務として製品開発、製造技術開発、生産管理があります。

  • 製品開発

    自動車、半導体・エレクトロニクスの幅広い分野において、お客様のニーズにマッチする材料・部品の開発と、中長期的な次世代の製品の開発を行う。

  • 製造技術開発

    新製品の製造技術開発・設計や既存品のプロセス改善をスピーディに行います。作業の安全面や品質の安定性を検証し、製造技術を確立していきます。また、海外の関係子会社等への製造移管も行います。

  • 生産管理

    お客様の求める品質、納期に確実に応えるために安全・環境に配慮した生産プロセスの構築、最適な生産計画の策定、生産部門の統率を行います。

加工事業カンパニー技術

ミッション

製造業としての最重要機能である「開発・製造」において、日々技術の向上を目指し、多くの競合の中から、お客様に最初に声をかけていただける製品や技術サービスをスピーディーに提供します。

仕事タイプ

加工事業カンパニーの技術職では、主な業務として、つぎの開発、生産技術、技術サポートがあります。

  • 開発

    超硬工具の形状開発や材料開発を行います。
    工具の性能向上のために加工する部品の材質や形状に適した工具形状を考案し、工具寿命を延ばすために工具材料の特性を最大限引き出すための技術開発を行います。

  • 生産技術

    超硬製品を、より高品質かつ効率よく生産するため、新しい製造設備の開発や製造方法の探索を行っています。また新製品の製造技術の確立や海外工場での生産ライン立ち上げ等も行います。

  • 技術サポート

    お客様の要望により、さまざまな切削加工に関する問題や悩み事を工作機械や計測器を駆使し、問題点と改善点を明確にし、最適なソリューションを提供、提案しています。

金属事業カンパニー技術

ミッション

原料から金、銀、銅等の有価金属を高収率で回収するとともに、廃棄物の発生を最小限に抑えた環境負荷の低い製錬システムを構築します。さらに循環型社会に資するリサイクル技術、次世代の銅合金製造技術で貢献します。

仕事タイプ

金属事業カンパニーの技術職では、主な業務として、製錬、排水・排ガス処理、銅加工の業務があります。

  • 製錬

    原料を製錬炉で処理することにより、粗銅を生産する製錬工程、さらに電解反応を利用して純銅を生産する電解工程、さらに貴金属の回収工程を有しています。これらの工程での技術開発、工程改善、安定操業を担当します。

  • 排水・排ガス処理

    製錬工程で発生する排ガスや排水を無害化して、副産物として硫酸や石膏等が生産します。硫酸、石膏は、化学品会社等に販売、再資源化されています。排水・排ガス処理を構築、設計、開発する業務があります。

  • 銅加工

    電気銅を溶解し、ケーク等のインゴットおよび荒引銅線を製造します。純銅のみならず、種々の元素を添加した銅合金、無酸素銅も製造しています。これら銅製品の技術開発、工程改善、安定操業を担当します。

セメント事業カンパニー技術

ミッション

社会インフラ整備に不可欠な基礎素材であるセメントを国内だけでなくグローバルに安定的に供給することを通して、安心・安全で、豊かな暮らしを支える。さらに、廃棄物・副産物の利用を通して、資源循環型社会の構築に貢献します。

仕事タイプ

セメント事業カンパニー技術では、主な業務として、つぎの生産管理、研究開発、技術営業があります。

  • 生産管理

    納期通りに、お客様の要求スペックを満足する製品を低コストで製造するのが役割です。品質管理、効率運転の追及、産廃の使用量増加、工場操業に必要不可欠な法令等、幅広い知識が要求される、当社セメント製造の核となる業務です。

  • 研究開発

    セメント研究所では、廃棄物処理の拡大や省エネ・CO2削減につながる材料、技術の研究開発を実施しています。また、セメントの品質や環境管理に関する調査研究、コンクリート構造物に用いる補修材料などの開発も行っています。

  • 技術営業

    工場・研究所以外にもセメント販売現場におおける技術営業を担う社員が全国に配置されており、お客様である生コンクリート会社・建設会社等への技術的なサポート、ダム工事などの大型工事に関わる技術的対応などを担当しています。

環境・エネルギー事業本部技術

ミッション(環境リサイクル)

家電リサイクル工場等の運営や最終処分場再生事業など、世界でもユニークな技術を基に持続可能な社会の発展に貢献していきます。

仕事タイプ(環境リサイクル)

環境・エネルギー事業本部の技術職では、主な業務として、生産技術、研究開発があります。

  • 生産技術

    家電リサイクル工場等において、選別システムの構築、選別ラインの設計や設備の保全、改善、安全化等の業務を行います。高回収率に向けての業務を行います。

  • 研究開発

    家電製品等に含まれる、現在の技術では処理出来ない素材について、安全に、かつ高品位のものを回収する技術を研究開発します。今後は、脱塩素技術、排水処理技術、自動化技術等が重要となっていきます。

ミッション(原子力)

原子燃料サイクルの広い分野で、プラント設計、シミュレーション・評価技術、原子力安全技術、放射性廃棄物処理処分技術により、お客様のニーズにあった解決策の提案、コンサルティング、エンジニアリングを提供します。

仕事タイプ(原子力)

  • 研究開発

    ウラン等の核燃料物質、放射性同位元素を使い、原子燃料サイクルやその他関連分野のプロセス開発、各種分析、材料評価等を行います。その枠組は、各種委託研究、環境省や大学との共同研究、自社研究等多岐に亘ります。

  • プラントエンジニア

    お客様のニーズに応じて、原子燃料サイクルに関するプロセス、プラントの設計から施工に至るまで最適なエンジニアリングを提供します。

コーポレート部門システム企画部

ミッション

ICT(情報通信技術)の活用を企画・実行・保守・運用することでビジネスを支えます。ビジネスに合ったシステムを開発・保守するだけでなく、先進ICTの活用を企画して、業務改革の推進、イノベーションを促進します。

仕事タイプ

システム企画部では、当社グループのICT活用に関する様々な業務がありますが、主な業務として、システム開発、先進ICT活用、ICT基盤運用があります。

  • システム開発

    ものづくりのノウハウを詰め込んだシステムを自社で開発し、コスト削減、生産性向上に寄与します。また、業務改善、ビジネス変革にあわせて、タイムリーに改修を行うことで、素早く業務改善効果を発揮させます。

  • 先進ICT活用

    ICTは企業向けよりも個人向けの方が進んでいると言われています。個人向けに進化したICT(AI、SNS、チャット等)をビジネスで活用するアイデアを出し、効果を検証の上、企画から導入までを行います。

  • ICT基盤運用

    ICTなしでは業務が遂行できません。当社グループで使用するグローバルのICT基盤をセキュアかつ安定的に提供するために、新技術採用の検討や、全体の負荷状況の監視とリソースの最適化を行っています。

コーポレート部門生産技術部

ミッション

当社グループの安全・安心(設備安全・CSR・品質)なものづくりを推進し、競争力ある製造コストを実現します。また、若手・中堅技術者の育成・スキルアップに努め、当社グループの生産技術力を向上させます。

仕事タイプ

生産技術部門では、主な業務として、つぎのエンジニアリング、設備計画、設備管理があります。

  • エンジニアリング

    当社グループにおける新規事業立上げや増産、品質・コスト・納期改善のための「工場の新設・増改築・設備改造」を設計・施工する業務。安全・環境・社会への影響等全てをバランスよく最適な配分で実現します。

  • 設備計画

    工場全体の設備をどのように改善し、自動化や新しい技術を導入していくか等の計画立案から設計・設備の導入を行い、省力化・省エネルギー・ライフサイクルコストの削減・設備寿命の長期化等を実現する業務。

  • 設備管理

    工場の安定操業のため、設備点検・整備・修理等により、設備を最適な状態に維持するメンテナンス業務。電気・ガス・水等を安定供給するユーティリティ管理業務。

コーポレート部門開発部

ミッション

「お客様のニーズ、将来技術トレンドを的確に目利きし、差別化された製品・技術をタイムリーに開発・提供すること」が、技術開発の基本方針です。開発マーケティング活動を積極的に展開し、「シナジー=マテリアル・プレミアム」を追求しています。

仕事タイプ

開発部では、主な業務として、研究開発の遂行、研究成果の整理と権利化があります。

  • 研究開発の遂行

    研究計画に基づく研究開発業務。
    具体的には、実験データの採取、各種評価解析、データ結果の考察、進捗状況の定期報告、他部門との打合せ・調整を通して、テーマ全体の進捗管理に関わります。

  • 研究成果の整理と権利化

    研究成果の整理・蓄積のための社内報告書の作成、および技術力アピールのための対外発表(論文・口頭)等を行います。
    また、重要な技術については、対外発表前に特許出願を検討・実施します。

コーポレート部門資源部

ミッション

資源部門は、当社のルーツである地下資源開発で培った技術を現代まで受け継ぎ、当社製品の最上流となる原料やエネルギーを安定供給するために、国内外現場の安定操業や新規開発案件の検討に取り組んでいます。

仕事タイプ

資源部門の人材は多種多様な事業や業務に携わりますが、主な業務として、鉱石破砕/選鉱/送鉱管理、地熱プロジェクト検討があります。

  • 鉱山採掘管理

    限りある鉱石を無駄なく効率的に採掘するための諸業務を行います。採掘場所や数量の決定、発破や重機のより良い運用検討、採掘跡の管理、保安の確保等々と内容は多岐にわたり、その一つ一つが鉱山を動かしていきます。

  • 鉱石破砕/選鉱/送鉱管理

    鉱石を供給先の必要とする品質に到達させるため、破砕やふるい分け、特に金属鉱山では有価鉱物と不要な鉱物の分離を、様々な設備を駆使して行い、不均質な「資源」をサイズや化学成分の揃った「素材」へと整えます。

  • 地熱プロジェクト検討

    再生可能エネルギーの更なる普及のため、国内に複数ある地熱プロジェクトの事業化検討を行います。地質調査、物理探査やボーリング等から貯留層モデルを作成することで地熱資源量を評価し、事業実現の礎を築きます。