再生可能エネルギーの創出

地熱・水力等に代表される再生可能エネルギーは、純国産のエネルギー資源でもあり、限りある地下資源の使用削減に繋がります。また、CO2排出の点でも石油火力と比べて大きな優位性があり、地球温暖化防止にも大きく貢献しています。

地熱発電事業

当社は、秋田県鹿角市八幡平地区に大沼地熱発電所と澄川地熱発電所〈澄川は蒸気供給のみ:発電は東北電力(株)〉を有し、安定したクリーンな電力を生み出しています。2016年度の総発電電力量は391GWhであり、石油火力によって発電した場合よりもCO2の排出量は28万t少なくなると計算されます。
地熱発電は、見えない地下の状況を把握して、蒸気を継続的かつ安定的に供給することが重要です。澄川地熱発電所においては、今後も発電電力量の向上を目指して、運転開始以降のデータの精査、地質構造の再解析等で地下の状態の把握に努め、また現場での安定操業を継続します。

澄川地熱発電所澄川地熱発電所

大沼地熱発電所大沼地熱発電所

新たな地熱発電開発に向けて

山葵沢地熱発電所 完成予想図(湯沢地熱(株)提供)山葵沢地熱発電所 完成予想図
(湯沢地熱(株)提供)

現在は既存の発電所操業に加え、新規プロジェクトも実施しています。電源開発(株)及び三菱ガス化学(株)と共に設立した湯沢地熱(株)は、2015年5月に山葵沢地熱発電所の建設を開始しました。また、2015年10月には三菱ガス化学(株)と共に安比地熱(株)を設立し、岩手県八幡平市安比地域における地熱発電所建設の環境アセスメントを含めた事業化検討を行っています。このほか、北海道武佐岳地域及び福島県磐梯地域においても他社と共同で調査を継続中です。更に、秋田県鹿角市菰ノ森地域について、地元のご理解を前提に調査を行いたいと考えています。

新規地熱プロジェクト新規地熱プロジェクト

安比地熱(株)が環境影響評価を実施

写真環境影響評価準備書の住民説明会(八幡平市)

当社は、岩手県八幡平安比高原の西方にて、2004年度から地熱資源量及び経済性評価等による事業化検討を実施しました。2015年10月に当社と、共同で調査をしてきた三菱ガス化学(株)により、安比地熱(株)が設立されました。
安比地熱(株)は、2023年に14,900kWの地熱発電所の運転開始を計画しており、2015年10月28日より環境影響評価(環境アセスメント)の手続きを開始しました。更に、安比地熱発電所(仮称)の設置による周辺の環境に及ぼす影響について調査し、予測及び評価を行い、2017年4月25日に環境影響評価準備書を経済産業大臣に届け出、岩手県知事と八幡平市長に送付しました。

水力発電事業

当社の水力発電事業の歴史は古く、秋田県において、当時の尾去沢鉱山の動力用電力の供給等を目的として水力発電所が7ヵ所建設されました。そのうち6ヵ所の水力発電所が現在も稼働中であり、発電した電力を電力会社に売電しています。2014年から水力発電所の高経年対策として3ヵ所の設備更新が無事完成し、2017年度も引き続き、運転開始後97年が経過した大湯発電所(鹿角市)の更新を実施しています。今後も、更なる安定操業及び安定収益の確保を目指します。
CO2の排出量に関しては、2016年度の全6ヵ所の水力発電所による発電電力量は82GWhであり、石油火力発電による排出量と比較すると5万9千t少ない計算です。また、現在小又川水系に新水力発電所の建設を計画しており、より一層の再生可能エネルギーの創出に努めていきます。

永田水力発電所(更新後)永田水力発電所(更新後)

太陽光発電事業

長い歴史と豊富な技術・ノウハウをもとに再生可能エネルギー事業に取り組んできた当社グループ。近年の社会的要請の高まりや、固定価格買取制度等の事業環境の変化を受けて、事業の更なる展開を進めています。
2013年より、当社グループの遊休地を活用して、新たに太陽光発電事業に着手し、三菱UFJリース(株)との合弁事業として2016年までに真壁(茨城県)、福井、鳥越(福岡県)、入釜(宮城県)、矢吹(福島県)の5ヵ所で発電所を建設し、順調に運転を継続しています。2016年度の全5ヵ所の太陽光発電所による発電電力量は27GWhであり、CO2の排出量は、石油火力発電所と比較すると2万t少ない計算となります。

矢吹太陽光発電所矢吹太陽光発電所

再生可能エネルギーによる年間発電実績(MWh)及びCO2削減量再生可能エネルギーによる年間発電実績(MWh)及びCO2削減量* 最新の(財)電力中央研究所(2010)のデータを用いて再計算しています。

地中熱利用の冷暖房システム ─三菱マテリアルテクノ(株)─

長岡製作所の地中熱を利用した屋根融雪設備長岡製作所の地中熱を利用した屋根融雪設備

三菱マテリアルテクノ(株)は、再生可能エネルギー「地中熱」を利用するシステムの研究開発に積極的に取り組み、採熱方式として「ボアホール方式」「基礎杭方式」「水平方式」の実用化に成功し、2003年から各地で100件以上導入展開しています。
2016年2月にNEDO公募案件「再生可能エネルギー熱利用技術開発」で採択となった"都市インフラ活用型地中熱利用システムの開発"では、都市部での施工が多いSMW工法と地中熱を組み合わせた低コスト型地中熱利用システムの研究を進めています。
更に2016年12月には、同社長岡製作所の機械工場の屋根に省エネ効果の高い地中熱利用システムとイニシャルコストが安い灯油ボイラーを組み合わせたハイブリット型の屋根融雪システムを設置しました。運転状況のモニタリングデータにより、更なる融雪運転の効率化や省エネ化を目指します。

  • * SMW工法:土(Soil)とセメントスラリーを施工位置で混合・かき混ぜながら(Mixing)、連続した壁体(Wall)を地中に作る工法

主な導入例

  施設名 所在地 運転開始年
ボアホール
方式
鹿角広域行政組合消防本部(空調) 秋田県
鹿角市
2015年
東京地下鉄(株)
中野車輌基地(空調)
東京都
中野区
2015年
石巻港湾合同庁舎(空調) 宮城県
石巻市
2014年
東京スカイツリー(地域熱供給) 東京都
墨田区
2012年
基礎杭方式 秋田市役所(空調、融雪) 秋田県
秋田市
2016年
八幡平市役所(空調) 岩手県
八幡平市
2014年
水平方式 伊予市役所(空調) 愛媛県
伊予市
2017年
小田急線世田谷代田駅及び
東北沢駅(空調)
東京都
世田谷区
2014年
オープン
ループ方式
三菱マテリアルテクノ(株)
鹿角合同事務所(空調)
秋田県
鹿角市
2015年

第5回 ステークホルダーミーティング

第5回 ステークホルダーミーティングにおいて、「再生可能エネルギーの『これから』を考える 三菱マテリアルグループが本業で果たすべき役割について」をテーマに議論が交わされました。

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る