世界の職場レポート

世界中で活躍する三菱マテリアルの社員

三菱マテリアルの世界中で活躍する社員が、現地での仕事、オフィスや街の様子をレポートします。

アメリカ

重田 直樹

重田 直樹

米国三菱セメント社 出向
2012年中途入社

私の仕事

南カリフォルニア地区でセメント及び生コンを製造し、同地区の商業ビル、ホテル及び一般住宅の基礎となる素材を建設会社に提供し、地域の成長と発展に貢献しております。
私は、同事業の統括会社において、資金管理と経理業務を中心に、業績管理や総務の分野にも幅広く携わり、現地の経営層やスタッフと協力しながら、事業の成長を目指して日々活動しております。

海外勤務のやりがい

異なる文化や考え方をもつ現地の方々と足並みを揃え、同じ「事業の成長」という目標に向かって日々邁進していくこと、駐在員としてその要となる役割を担っているところに私は仕事の醍醐味を感じています。
そこには単なる言語の壁を越えた先に、丁寧さ・綿密さ・明解さなど日本では感じなかったコミュニケーションの難しさがあります。だからこそ、小さなことでも現地との一体感を感じると非常に高い満足感が得られます。

私のビジョン

米国駐在経験により、異なる文化や習慣、考え方を肌身で体感できている充実感があるものの、それをビジネスの実践で、現地の方との意思疎通に繋げていくことの難しさを日々実感しています。
これらは、海外勤務だからこそ得られた経験値であり、ここで得られる経験・スキルは、今後の海外事業の展開の成否を分ける上で大変貴重なものになると考えます。引き続きマテリアルの海外事業展開の加速に寄与していきたいです。

勤務地の魅力

勤務地の魅力

私が住むラスベガスという街は、華やかなカジノホテルが立ち並ぶイメージが先行しますが、一歩外に出ると、閑静な住宅街が広がっています。(気温の差はあれ)一年中好天であること、街全体がコンパクトに纏まっていて便利なことなどから、高齢者を中心とした富裕層が多く移り住んでおり、明るくのびのびとした雰囲気が作り出されているところがこの町の魅力だと感じています。

オフィスの雰囲気

オフィスの雰囲気

スタッフの多くがトラックドライバーなどの工場勤務の為、オフィス自体は数名の女性事務社員を中心にアットホームな雰囲気です。安全への取り組みなどからチーム全体の連帯感を非常に大切にしており、季節ごとに様々なイベントが開催され、チームとしての団結力を高めています。先日(12月)は毎年恒例のチリスープ・コンテストという、皆々が自慢の家庭のスープを持ち寄った品評会が催され、大いに盛り上がりました。

ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.