世界の職場レポート

世界中で活躍する三菱マテリアルの社員

三菱マテリアルの世界中で活躍する社員が、現地での仕事、オフィスや街の様子をレポートします。

オーストラリア

渡辺 純平

渡辺 純平

豪州三菱マテリアル
2008年新卒入社

私の仕事

オーストラリアの資源事業、特に石炭プロジェクトに対する投資管理が主な業務となっています。プロジェクトのパートナーである他企業と定期的な打合せを重ね、発生する様々な課題に取り組みながら、炭鉱の安定操業に努めています。また、比較的小さい事業場所であり、現地従業員の雇用管理や、オフィスの環境改善といった総務的な仕事も私の任務の一つです。

海外勤務のやりがい

オーストラリアの組織は概して日本よりフラットであり、肩書き等に関わらず自分の考えを道筋立てて説明すれば、ちゃんと話を聞いてくれる風土があるように思います。裏を返せば、実力主義の要素が強く、自分から発信しない限り、受身の姿勢では物事を進めることが出来ません。自分の知識、経験、感性をフルに働かせて相手の理解を得る、こういった醍醐味に関しては、日本で働く以上に大きなものがあると思います。

私のビジョン

事務系社員である私が帰国後に直接ビジネスに活かせるものがあるとすれば、一つに現地で築いた人間関係があると考えています。インターネット等の発達により海外でしか集められない情報は昔よりも格段に少なくなってきていると思いますが、ビジネスが人と人とが行うものである限り人的ネットワークは不可欠であり、現地人脈の構築の点では駐在員の存在意義は未だに大きいと思います。資源大国オーストラリアの中心シドニーにおいて、高い志を持った仲間、信頼できる取引相手との交流の輪を広げ、そのネットワークを将来的に当社の資源ビジネス拡大に繋げたいと考えています。

勤務地の魅力

勤務地の魅力

シドニーは、様々なオリジンを持つ人々が暮らす国際色豊かな都市であり、食べ物も日本食は勿論、様々な国・地域の食材店やレストランが充実しています。また、大都市ではありますが緑が多く、中心部でも大型の野鳥を目にすることや、車で郊外に30分も走ればカンガルーや野うさぎに遭遇するほど自然が豊かである点も魅力の一つです。

オフィスの雰囲気

オフィスの雰囲気

少人数のオフィスであることに加え管理業務がメインの事業場所であるため、賑やかな雰囲気とは違いますが、適度に雑談もしつつ、各自が自分の任務に集中できる環境が整った職場である思います。現地従業員含めて、仕事の節目ごとに食事に出掛けるなどしており、昨年末には年越しそばパーティーを行いました。

ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.