世界の職場レポート

世界中で活躍する三菱マテリアルの社員

三菱マテリアルの世界中で活躍する社員が、現地での仕事、オフィスや街の様子をレポートします。

台湾

山路 貴司

山路 貴司

MMC ELECTRONIC MATERIALS
TAIWAN. CO., LTD.
2009年新卒入社

私の仕事

MMC ELECTRONIC MATERIALS TAIWAN. CO., LTD.の本社工場(台中市)に勤務し、顧客への技術サポートを担当しています。現地駐在という利点を生かし、迅速なサポートが出来るよう心がけています。また、半導体用実装材料(鉛フリーはんだペースト)の製造拠点を立ち上げています。これまで日本国内で製造していた本製品の製造を、半導体用実装材料にとって非常に大きな市場である台湾へ移管し、顧客需要への迅速な供給体制、顧客満足度向上を実現する事が目的です。

海外勤務のやりがい

半導体実装材料等の高信頼性材料は、お客さまからの要求も特に厳しいため、その要求に答えられる体制が必要です。現地には現地の考え方、感じ方もあり、日本人の感覚をただ押し付けただけではなかなか上手くいきません。お客様、現地従業員や会社幹部とも密に話し、考えを理解・整理しながら仕事を進めるのは、日本国内ではなかなかできない貴重な経験だと思います。

私のビジョン

顧客技術サポートでは、海外のお客様の声を直に聞き、新規製造拠点立上げの仕事では、現地従業員と密に接してきました。この中で文化、考え方、感じ方等の違いを直に感じ、それを乗り越えたコミュニケーションについて学ぶ事が出来ました。これからも製造、あるいは開発の仕事に携わり、世界中のお客様と関わり合う、グローバルな仕事をしたいと考えています。

勤務地の魅力

勤務地の魅力

台湾の台中市は非常に大きな都市で、人口は270万人です。日系の百貨店や飲食店も進出していますし、台湾ローカルのおいしい食べ物多く、油断すると太ってしまいます。特に本場の火鍋は最高です。また、気候も、真夏の猛暑を除けは比較的穏やかで、暮らしやすいと感じています。その名の通り、台湾の中部にあり、台湾新幹線が完成してからは、北部の台北市に行くにも、南部の高雄市に行くにも便利です。

オフィスの雰囲気

オフィスの雰囲気

2015年12月現在で、駐在員含め57名の従業員数となっています。従業員全員仲が良く、真剣に仕事をする中にも、和気あいあいとした雰囲気があります。特に私の所属する部署は、立ち上がって日が浅く、従業員も新規採用の若手ばかりです。気になる事があれば遠慮なく報告・相談し、みんなで協力して改善する。そんな良い雰囲気です。これからも良い雰囲気で、しかし適度な緊張感ももって仕事が出来る職場を目指します。

ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.