世界の職場レポート

世界中で活躍する三菱マテリアルの社員

三菱マテリアルの世界中で活躍する社員が、現地での仕事、オフィスや街の様子をレポートします。

中国

張 浩宇

張 浩宇

三菱綜合材料管理(上海)有限公司
硬質合金刀具事業部 営業部
2004年新卒入社

私の仕事

「世界の工場」と呼ばれる中国の切削工具需要は年間1兆円と言われています。この市場の中で欧米系、日系、中国系など多くのメーカーが鎬を削っています。単なるモノの販売だけではなく、中国のお客さんの視点に立ち、市場調査を行い、情報を吸い上げ、開発・製造などの関係部署と連携し、市場のニーズに合う最適なソリューション・サービスを提供することも私たちの仕事です。

海外勤務のやりがい

中国に赴任する前日本に9年間生活した為、考え方・習慣などはすっかり日本スタイルに慣れました。中国人である私でさえ最初はどんどん出てくる新しい物事に驚いてばかりでした。日本と異なる文化・習慣を理解し、この市場に合う営業活動の仕方を模索し、実行することにやりがいを感じています。また、新興国である中国に販売会社ができたのはまだ5年余りで、現地販売体制の整備、スタッフの育成などの仕事をたくさん体験でき、貴重な経験を得ました。

私のビジョン

中国市場で身に付けた営業・マーケティングスキルをさらにレベルアップさせながら、今後はチームマネジメント、組織形成に関する知識を習得し、中国現地スタッフが主体となる今後の中国超硬事業の販売体制の構築に貢献していきたいです。また、中国事業全体が見渡せるようになり、もうひとつ高い次元から会社の経営活動に貢献できるようになりたいです。

勤務地の魅力

勤務地の魅力

私は今上海に勤務しております。上海は中国最大の経済都市で、最も国際的な都市と言えるでしょう。人口が2400万人と言われており、どこでも人がいっぱいで活気のあふれる街です。日本人を含む外国人が多く住んでおり、街の人々はフレンドリーで治安も良く非常に住みやすい街です。また、上海に各種の中華料理はもちろん、世界中のレストランが集まっており、飽きることなく楽しめます。

オフィスの雰囲気

オフィスの雰囲気

私がいるオフィスには所属の営業部のほかに技術センター、業務部、営業企画部もおり、総勢約30名のスタッフがいます。このうち、8割は中国人が占めています。一番賑やかな時は、営業会議で全スタッフが事務所に集まる時です。技術センターに技術的な問題を相談したり、業務部に納期・見積を問い合わせたり、お互いに代理店・お客さんの情報を交換したり、中国語・日本語・英語が飛び交い、熱気があふれるアツアツの職場です。

ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.