キーワード

世界No.1シェア

半導体産業の発展に貢献する
世界シェアNo.1製品

1966年に電気伝導を極限まで高める「無酸素銅及び銅合金」の量産化技術を確立しました。当社の供給する無酸素銅は、半導体産業の飛躍的発展を支え続けています。
また、半導体パッケージの分野においては30年にわたり開発を続けている低アルファ線はんだ「MULαSシリーズ」が世界シェアNo.1であり、多くのお客様からの要望にお応えしています。

日本最大のセメント工場

日本一の生産能力を誇るセメント工場

セメント事業の主力工場である九州工場は、国内最大の生産能力を有し、コスト競争力は世界でもトップクラスを誇ります。また、廃タイヤや下水汚泥、石炭灰等の多種多様な廃棄物を大量に受入れ、天然資源の代替物として有効活用しており、当社が目指す資源循環型社会の構築に貢献しています。

1世紀を超え、日本の近代化に貢献

創業1871年。146年にわたる歴史

1871年に九十九商会(三菱グループのルーツ)が紀州新宮藩の炭鉱を租借し、鉱業部門に進出したのが、当社の出発点です。その後、1873年には、岡山県吉岡鉱山を買収、金属鉱山事業に進出し、三菱が推進する事業の中核のひとつとして発展を遂げました。当社は明治維新に始まる日本の近代化とともに歩み続けた145年の歴史と実績を持ち、これからも未来に向かい続けています。

24,636の志

世界中で活躍する社員たち

当社グループには、連結で24,636人の社員(2016年3月末時点)が在籍し、国内外でそれぞれが役割を担い活躍しています。海外戦略を強化する中で、今後、積極的に海外で活躍する人材を登用し、活躍のフィールドを広げていきます。

5,688件の技術の証

数多くの特許技術を持つ

当社は、日本国内だけでなく世界中に数多くの特許を保有しています。分野は多岐に渡り、幅広い事業領域を持つ当社ならではの技術の足跡となり、当社事業の発展を支えています。

※2016年3月末時点の実績です。

99.999999999%の純度

世界最高クラスの純度

半導体の製造に不可欠な多結晶シリコン。当社では、世界でも数社しか持ち得ない超高純度な結晶精製技術により、純度イレブンナイン99.999999999%の多結晶シリコンを製造しています。

29の国と地域に広がる

三菱マテリアルのグローバル展開

当社では、世界中の循環型社会の構築に貢献するというミッションを持ち、グローバル競争力の強化のため積極的に海外展開を推進しています。現在、29の国と地域にそのネットワークは広がり、それらを駆使して世界中のニーズに応える体制を整えています。

ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.