飯田 慎太郎

INTERVIEW

原子・分子レベルで物質の構造を研究 世の中にインパクトを与える新規材料の開発に挑む

平田 洵子

中央研究所 プロジェクト推進部(取材当時)
2013年入社

リチウムイオン二次電池の容量拡大を実現する
新規材料の開発に取り組む

三菱マテリアルには多様な事業領域があり、扱う材料の幅もどんどん広がっています。そういった事業環境の中に研究者として可能性を広げられるイメージがあり、入社を決めました。
入社後、まず任せられたのは「リチウムイオン二次電池の新規負極材料の開発」です。電池の容量はこの数年で飛躍的に高まりましたが、既存材料ではこれ以上の容量拡大を期待できないことから、新しい組成や構造を持った電極材料の開発に取り組むことになりました。物質や構造を原子・分子レベルで見る研究は、化学を学んできた私にとって非常に興味深いもの。研究成果によっては世の中に大きなインパクトを生み出すことができる分野なので、非常に面白いテーマだと思いました。一方で、性能評価においては、合成した材料が電池反応の中で、どのような挙動をし、機能しているかを見極めることに苦労しました。上司や先輩と議論を重ね、過去データを参照したり、評価の視点を変えてみたりすることで、解決方法を見いだしていきました。

飯田 慎太郎

自らの力で解を追求することが成長につながる

当社の良いところは、どんなに若くても考えを尊重して任せてくれるところです。研究で壁にぶつかったときは、上司がダイレクトに解決方法を教えるのではなく、まずは気づきを与えてくれるような問いかけをしてくれます。そして、担当者である私の考えを尊重し、自由にやらせてくれるのです。また、当社にはさまざまな技術を取り上げた選択式研修があるのですが、研究テーマに直結しなくても、興味があり、学びたいと伝えたところ、快く承諾してくれました。新しい知識や技術が必要になったときに、それを学べる環境があり、学ぶことを後押ししてくれる環境はとてもありがたいですね。
現在は、新しい研究テーマに取り組んでいます。これもまた、成果を出せれば人と社会に貢献できる有意義なテーマ。社内に過去実績がないので難易度は高いですが、そのぶん大きなやりがいを感じています。

飯田 慎太郎

今後の目標

研究員は、まだ世の中にない新しいモノをつくることがミッションです。
新しいモノを創造するのはそう簡単なことではありませんし、産みの苦しみもありますが、人と社会と地球に貢献し、未来をより良いものにしていく一翼を担うやりがいもあります。だからこそ、これからさまざまな研究テーマに取り組み、経験を積んで技術力や知識を高めていきたい。そして、研究テーマそのものを提案できるようになりたいですね。

飯田 慎太郎
ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.