飯田 慎太郎

INTERVIEW

現象の裏にある原理原則を解き明かし、画期的な製品や生産プロセスを生み出す

飯田 慎太郎

中央研究所 プロジェクト推進部
2011年入社

絶縁被膜の開発に関わる幅広い領域を担当

モノづくりの上流に位置する素材の研究に携われれば、新素材の開発によって世の中の広い領域に対してブレイクスルーを起こすことができるのではないかと考えて、総合素材メーカーである三菱マテリアルに入社しました。現在は被膜特性の高度化を目的とした絶縁被膜形成材料の研究に従事しています。絶縁被膜とは、電気を通さないコーティング用の膜のこと。私はそのコーティング液を開発しており、場合によっては材料のひとつである樹脂の開発から行うこともあります。そして実際にコーティングを行い、特性の評価を行うところまで幅広く担当しています。素材研究は、お客さまのニーズからテーマが発生する場合が多く、実際のパイロットラインがお客さまの工場内にあるため、月に1度は打ち合わせを行い、常に連携を取りながら研究を進めることになります。

飯田 慎太郎

多面的に検証を繰り返すことで、大きな成果を生む

以前、ある絶縁用材料の生産性を高めるというテーマに取り組んだことがありました。生産工程において製造スピードが問題になっているプロセスがあったのですが、それを改善できないかと検討。実は、ある薬剤を使えば改善できることが実際には見えていたのですが、具体的なメカニズムが解明できておらず、実行に移せずにいました。そこで私は、沸点、密度など複数のパラメータを見ながら検討を繰り返し、最終的に溶解度がキーになっていることを発見したのです。その結果、問題のプロセス自体を省くことに成功しました。この成功事例によって、私は「成果報告会」での成果発表、「場所表彰」等で成果を認められました。当研究所が掲げる「現象から原理原則へ」という言葉が示すように、現象の裏側にあるメカニズムを解明することが研究に携わる私たちのミッションであり、最大のやりがいだと感じています。

飯田 慎太郎

今後の目標

絶縁被膜というものは、スマートフォンや電子機器、自動車など幅広い製品に使われることになります。最終製品としての幅は広域にわたるため、それを利用する多くの人や会社、ひいては社会に影響する製品だと言えるのではないでしょうか。より環境負荷の少ない材料を開発することで、「人と社会と地球のために」貢献していきたいと思います。

飯田 慎太郎
ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.