下田 剛史

INTERVIEW

建築物の安全を守り、新たな巨大建築物を創造自らの仕事が明確な形になる手応え

下田 剛史

生産技術センター 土木建築部
2014年入社

自社が保有する土地・建物に関わる調査や計算などを担当

もともと橋やダムなどの巨大構造物に興味があり、大学では橋の振動の数値解析や評価を行っていました。社会に出てからは土木・建築の知識が活かせる仕事に就きつつ、橋以外のことにも関わりたいと考え、選んだのが三菱マテリアルです。ものづくりにも興味があったので、工場の建設や調査に携わり社会に必要とされるものが生み出される現場を見ることができるという点が入社の後押しになりました。業務としては、当社工場建物の安全性やコンプライアンスの定期確認のため現地調査を行って報告書類を作成したり、図面を作成したり、新設工事に向けた各種計算をしたりと多岐に亘ります。当社は数々の工場を保有しており、中には竣工後何十年も経過しているものもあるため、工場建物の耐震診断や法令の確認は重要な業務です。この他に私が参加している案件として、社有地の有効活用を目的とした土地区画整理事業があります。土地の中に公園や道路を入れ、上下水道の配置などを検討するのですが、図面の中にどんどん新しい形が書き入れられていくと、物事が確かに進行している実感を得ることができて楽しいですね。

下田 剛史

自分が手掛けた計算が形になっていくやりがい

私は入社してまだ日が浅く、上司にフォローしてもらいながら仕事を進めています。各工場に提出する耐震性に関する報告書など上司にチェックしてもらいながら作成するのですが、最近は直されることも減ってきて、少しずつ成長している実感があります。大学の研究との大きな違いは、案件ごとの金額が圧倒的に大きいこと、そして自分の計算結果に基づいて工事が進むことです。建築物の安定計算は大学でも行っていましたが、計算に対するリアクションの有無は大きく異なる部分だと思います。外部の業者から壁などの建築資材を購入する際にも自分が計算した結果をもとにして検討するため、仕事の手応えを日々得ることができます。時間と共に経験が増え、いろいろなものが形になっていく実感のある仕事なので、「仕事が楽しい」と率直に感じられています。

下田 剛史

今後の目標

まずは土木・建築系の公的資格を取得し、独り立ちして業務を担えるようになることが目標です。豊富な経験・知識を持った先輩たちに追いつき、頼りにされる存在となるようこれからも努力したいと思います。また、行政をはじめ社会と多くの接点のある仕事なので、常に「人と社会と地球のために」自分ができることを考え、着実に実行していきたいです。

下田 剛史
ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.