二タ見 謙介

INTERVIEW

社会に貢献するための経営判断や投資につながる会計業務を担う

二タ見 謙介

経理・財務部 経理室 管理グループ
2006年入社

事業をより良い方向へ導くために、適切な会計業務を行う

三菱マテリアルの経理業務は、三菱マテリアル単体での決算とグループ会社を含めた連結ベースでの決算をそれぞれ行う必要があります。その中で私は単体決算を行うチームに所属しています。チームの役割は主に二つ、ひとつは各事業所や関係部署から必要な情報や資料等を収集し、財務諸表を作ること。もうひとつは「管理会計」で、より良い経営判断に活用するための数値分析と報告業務となります。営業や開発、生産などの事業部門、そして人事や総務などの管理部門を含めたすべての部門と関わることになりますが、各事業・部門ごとに仕事の進め方を合わせなければならないのはもちろん、経理処理の違いもあります。それらすべてに対応する必要があるため、私たちの担当業務は数値の取りまとめに留まらず、非常に広範なものになります。

二タ見 謙介

事業規模が大きいからこそ、
チームプレーが大きな力になる

私は単体決算を担当していますが、当社はグループ連結で見ると非常に多くの関係会社とともに事業を展開しています。「人と社会と地球のために」という企業理念の下で多角的に事業を展開し、さまざまな取り組みを行っているため、経理として解決すべき課題も多くなります。また、数字面で「間違ってはいけない」のはどの会社の経理職も同じですが、当社は事業分野が広く、関係する企業やお客さまも多岐にわたるため、私が担当する決算の数値が与える影響もそれだけ大きなものになります。適切な決算情報を開示することで、投資家から信用や資金を得て、それを社会のプラスになる事業に投資するという循環に繋げる。会社全体を支える責任と社会に対する責任を感じながら、日々の業務と向き合うことができています。
一人の力だけでは動かせない広い事業規模だからこそ、チームワーク、チームプレーを意識して業務を遂行していきます。「会社全体が仲間意識を持って働けている。」それが当社の大きな魅力ひとつだと感じています。他部署に質問に行っても丁寧に答えてくれますし、こうした風土には常日頃から助けられています。

二タ見 謙介

今後の目標

私は入社後工場に勤務し、その後財務室を経て現在の部署で働いていますが、今後はさらに各事業に対する知見を広げていきたいと考えています。さまざまなカンパニーの事業を俯瞰的にとらえられるようになれば、より広い視点で考え、「人と社会と地球のために」貢献できるのではないかと思います。

二タ見 謙介
ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.