藤田 将人

INTERVIEW

新たな有機化学材料や新製品の開発を通じて、電子材料事業の可能性を拡大

藤田 将人

三菱マテリアル電子化成株式会社 研究開発センター 開発第二グループ
2010年入社

市場に求められる新しい有機材料の創造に挑む

中央研究所で分子軌道計算業務に関わった後、当社のグループ会社である三菱マテリアル電子化成に異動し、現在はフッ素系有機材料の研究開発に携わっています。フッ素系有機材料の中でも、衣類や携帯端末、工業製品の防水・油汚れ防止のために用いられる撥水撥油剤や、油汚れを除去する親水撥油剤の材料開発が私の担当業務です。既存製品や類似製品の評価を行い、その特性を上回る材料を開発して工業化を図っていくことがミッションです。プロセスとしては、特許や文献の調査を行い、仮説を立てて誘導体化による材料の合成を試みます。そして、求められる性能を満たす可能性の高い材料が見つかったら、試作品をつくり、自身で評価した後、お客さまに評価を依頼します。撥水性や撥油性、耐久性などさまざまな評価項目がありますが、お客さまによって評価する項目が異なり、自分たちが気づかなかった性能を高く評価頂くケースもあります。そういったフィードバックをもとに、性能向上を図りながら製品化を目指していくのです。研究プロセスに関しては大学の研究室でやってきた経験がそのまま活かせていますが、工業化の可能性や市場ニーズを鑑みて一定のスピード感が求められることが、大学の研究との大きな違いです。

藤田 将人

中心的立場で研究を担うやりがい

学生時代の研究経験や知識を活かせるやりがいもさることながら、若くても中心的立場で研究に関われる風通しのよさが三菱マテリアルのよいところです。必要となる技術の習得や資格取得を後押ししてもらえますし、同分野で著名な教授がアドバイザーとして就いてくださっており、月に一度ディスカッションする機会もあります。多角的に事業を展開しているからこそ社内にはさまざまな分野の研究者がおり、社内コミュニケーションを通じて幅広い知識も手に入ります。見識を広げ、研究者として成長できる環境があるのはありがたいですね。
目の前にある研究を成功させ、新製品として世の中に送り出すことが現在の目標です。すでに新しい材料は見つかっているので、お客さまの声を活かし、会社の事業に貢献する製品を生み出していきたいです。

藤田 将人

今後の目標

研究者として、後世に残る特許技術を生み出していくことが中長期的な目標です。また、時間はかかるかもしれませんが、将来的には現在手掛けている有機化学材料を医療の分野など、我々が手掛けられていない新しい分野で活かす研究を、ゼロから立ち上げてみたい。人と社会と地球のために技術の可能性を広げられたなら、大きなやりがいになると考えています。

藤田 将人
ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.