黒柳 次郎

INTERVIEW

サージアブソーバの可能性を追求し、電子材料事業の発展に貢献していく

黒柳 次郎

セラミックス工場 電子デバイス開発センター
2007年入社

多くの電化製品に使用される需要の高い電子材料を開発

電子デバイス開発センターに所属し、サージアブソーバという電子部品の製品開発に携わっています。昨今の電化製品は、性能を高めつつも小型化が求められ、筐体が小さくなる傾向があります。その小さな筺体内、限られたスペースに収まる大きさで、内部の部品を守る機能がサージアブソーバに求められています。私が手掛けているのは放電管の部類に入るサージアブソーバで、落雷や静電気などが原因で発生する「サージ」と呼ばれる瞬間的な異常高電圧から、電子回路を守る電子部品です。聞き慣れないかもしれませんが、携帯端末など多くの電化製品に使用されている需要の高い電子部品です。私の担当業務は、中央研究所が開発した電子材料を実際の製品に適用し、生産工程の構築からリリースまでを管理し、リードすることです。製品化にあたっては、お客さまのニーズに応える性能を実現しつつ、生産効率も考慮しなくてはなりません。時には生産担当者と意見が衝突する場面もありますが、議論を重ねながら着地点を見いだし、製品化を実現します。

黒柳 次郎

製品の可能性を広げ、新しい市場を開拓

最近は海外工場での生産が中心となっており、使われる材料も生産工程もどんどん変化しています。サージアブソーバひとつとってもやるべきことは多く、飽きることがありません。そんな中で、材料の適用範囲を広げていくことも重要なミッションです。現在は主に電化製品が中心となっていますが、この技術はより電力や電圧の大きな工業機械やプラントなどにも適用できる可能性があります。電気の流れの上流に近づけば近づくほど、技術的にもインフラ的にも乗り越えなければならない壁は大きく、そう簡単には着手できないのが現実ですが、時間をかけて取り組んでいきたいテーマです。
三菱マテリアルには、「ものづくり・人づくり大学」という研修プログラムがあり、内容は、技術的にも高度であり、且つ実務にも活かせるものです。こういった教育・研修制度を活かし、技術者として成長して電子材料事業の発展に貢献していきたいと考えています。

黒柳 次郎

今後の目標

製品を開発するだけではなく、多くのお客さまに製品を導入いただき、市場を広げていくことにも挑戦したいと考えています。営業としてそれをやるのか、技術者として営業を支援していくのか答えは出ていませんが、多くのお客さまのニーズに触れることによって、より良い製品開発につなげていけるのではないかと思います。

黒柳 次郎
ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.