東谷 のぞみ

INTERVIEW

顧客のニーズや業界動向をいち早く察知し、電子部品のシェア拡大に挑む

東谷 のぞみ

電子材料事業カンパニー 電子デバイス事業部 営業部
2006年入社

便利で快適な生活に欠かせない電子部品のシェア拡大を担う

冷蔵庫や洗濯機といった家電製品や、携帯電話やパソコンなどの電子機器は、もはや私たちの生活に欠かせないものとなっています。そんな製品の中では、高温や異常電圧から基盤や様々な部品を保護することを目的とした電子部品が活躍しています。電子部品は外側からは見えにくいものですが、私たちの快適な生活に欠かせない身近な存在なのです。私はその電子部品の営業担当として、部品メーカーや完成品メーカーといったお客さまに対して提案活動を行っています。単に注文を受けて販売するだけではなく、製品シェアを拡大することが重要なミッションです。そのためには、お客さまから一番に相談をしていただけるような信頼関係の構築が欠かせません。自社製品の知識を深めることはもちろん、業界動向やお客さまの製品開発計画にも一歩踏み込んでニーズを探り、付加価値の高い対応や提案ができるよう工夫をしています。また、お客さまからの高いレベルのニーズに応えるためには、製品を開発し生産する工場との協力関係も大切です。日頃から工場に足を運び、なるべく顔を合わせて情報交換するように意識しています。

東谷 のぞみ

お客さまの高いご要望に応え、
次なるチャンスにつなげていく

お客さまから、独自のスペックでカスタマイズ製品をつくってほしいといった難しいご要望をいただくこともあるのですが、それは当社に対する期待がそれだけ大きいということ。その期待に応えるべく工場と協力して対応し、新規受注や次なるチャンスにつなげられた際は大きなやりがいを感じます。三菱マテリアルの社員は、「お客さまや世の中のために」という意識が非常に強い。その意識がお客さまからの厚い信頼につながっていると思います。
女性の営業職はまだ少ないのですが、だからといって働きにくさを感じることはありません。「女性だから」と特別扱いされることもなく、実力や仕事の成果に応じてチャンスを得られる環境です。世界を舞台に活躍するチャンスもあり、私も機会があれば挑戦したいと思っています。これからもっと営業で活躍する女性社員が増えたら嬉しいですね。

東谷 のぞみ

今後の目標

継続的に事業を発展させていくためには、新製品の創造が大切です。製品開発は技術者の役割ですが、お客さまと直接向き合っている営業が最新情報や業界動向を的確にとらえ、製品開発担当者にフィードバックすることも重要です。市場に大きなインパクトを与える製品開発の一翼を担い、自社だけではなくお客さまの事業拡大や産業の発展に貢献できる人材に成長していきたいですね。

東谷 のぞみ
ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.