淺沼 英利

INTERVIEW

まだ世の中にない画期的な材料を創造し、従来の常識を覆す

淺沼 英利

加工事業カンパニー 開発本部 材料・コーティング開発センター(取材当時)
2009年入社

切削工具に用いられる新たな材料を開発

大学で学んだことを活かして多くの人のためになる仕事がしたい。産業の基盤に関わる仕事がしたいと考え、素材や超硬工具を開発している三菱マテリアルを志望。現在は超硬製品の材料を開発する部門に所属しており、その中でもPVD(物理蒸着法)コーティングに用いるコーティング膜の開発を行っています。開発した材料は、航空機のエンジンに使用されているインコネルやチタンなどの難削材と言われる素材の切削工具に用いられることになります。対抗他社の製品を越える長寿命かつ高効率加工が可能な超硬材料、そしてその先にある製品を生み出すために、性能が勝るまで粘り強く開発を重ねます。材料の開発においては形状も重要となるため、形状開発のメンバーや生産現場とも連携。時には営業メンバーと共に、製品をご利用いただくお客さまを訪問し、技術説明や意見交換を行うこともあります。お客さまから直々に「おかげでコストが下がりました」と言っていただけると、非常に嬉しいですね。

淺沼 英利

不可能を可能にかえる材料開発に全力で立ち向かう

これまでに複数の材料開発に携わってきましたが、特に印象深かったのは「MP9130」という材種です。チタン合金やニッケル合金は難削材の中でも特に切削が難しく、不可能とすら言われていました。このテーマに対し、私は新たな母材の検討から着手。新規材料であるため、原料の混ぜ方も分からないという段階から、周囲の関係者を納得させながら開発を進め、世の中に存在するコーディング材をすべて試してみる覚悟で取り組みました。そして、さまざまな母材を作り評価を繰り返すことで、最終的に課題を解消する「MP9130」という新たな材種を生み出すことに成功したのです。すべての工程に関わり自ら実行したからこそ、達成感もひとしお。こうした成果は、世界最高技術を誇る三菱マテリアルの開発環境と、現場に大きな裁量を与えてくれる風土があったからこそできたことだと思います。自分の手掛けた材種(超硬材料のことです)が製品として量産され、金銀に光り輝く製品がずらりと並ぶ光景を見た時には、本当に感動するものです。

淺沼 英利

今後の目標

工具の生産には、大量のレアメタルが必要になります。限られた資源を有効に利用するためには、生産過程における加工時間短縮や材料の使用量削減といった要素にも配慮した材種を開発することが重要です。これからも、「人と社会と地球のために」貢献できる新しい材種を生み出していきたいと考えています。

淺沼 英利
ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.