専攻×仕事

下田 剛史

生産技術センター 土木建築部
下田 剛史
2014年入社

大学での専攻

工学院 北方圏環境政策工学専攻

材料費・加工費を抑えつつ、構造的にもシンプルな橋の一つとして注目される少数主桁橋の動的特性の検証として、曲線橋と走行車両との連成シミュレーション、曲線橋の振動性状の解明、および向上方策の確立を目標として研究を行っていました。
研究テーマ「曲線2主桁橋交通振動の数値解析および応答性状評価」

現在の仕事内容

土木建築部において、新規工場や建物を建てる際の資料作成や行政との協議など種々の業務、既存の建物の安全性調査や計算などを担当しています。計算した結果をもとに、発注主として関連業者への作業指示、工事依頼等も行います。

現在担当している業務においては構造物の安定計算等を行う必要があるため、構造力学、土質力学、水理学等、学生時代に学んだことが必要とされる場面は多く、時には大学時代の教科書を読み返すこともあります。大学で学んでいたことを実地で活かせている実感は強く持っています。

ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.