成長と環境

働きやすい環境を支援する

ワーク・ライフ・バランスの取り組み

当社は、社員が仕事と家庭を両立できる職場環境づくりを推進しています。社員一人ひとりが出産・育児・介護・地域活動といった社会・家庭での務めを果たしながら、ライフステージに合わせ、キャリアアップにも挑戦できる職場であることを目指し、支援制度の整備、拡充に努めています。

子育て支援制度を強化

当社では、法令を上回る各種子育て支援制度を整えています。育児短時間勤務は小学3年生までの子を養育する社員が利用できるほか、2014年1月には新たに、子の看護休暇の一部有給化と「保育料補助制度」を創設しました。また、育児休後の多様な働き方を支援するとともに男性社員の育児休業取得を促す目的で「育児休業等早期復帰一時金制度」も導入しています。

時短の取り組み

労使による時短検討委員会を設置し、各事業所の実態に応じて所定外労働削減と有給休暇取得促進に取り組んでいます。この効果もあり、年間総労働時間は前年比で減少しました。2015年は、「ノー残業デー」や「有給休暇取得奨励日」の設定等の諸施策を徹底した結果、全社組合員平均で年間総労働時間が2,015時間となりました。

女性社員が語る三菱マテリアルの働きやすさ

女性社員
三菱マテリアルで働く女性社員座談会

社内交流・社内活動

当社では、スポーツや文化活動等の多くのクラブが各事業所ごとにあり、社内外交流を図っています。
社員主催のスポーツ行事に対して費用補助等が行われています。

社内交流・社内活動
ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.