グループ企業紹介

企業HP

三菱アルミニウム株式会社
三菱アルミニウム株式会社

三菱アルミニウムは1962年の設立以来、アルミニウム総合圧延メーカーとして、アルミニウムが持つさまざまな優れた特性を最大限に引き出し、飲料用缶材、自動車部材、コンデンサ用箔等高品質なアルミ素材を、世界のマーケットに提供しています。
またアルミニウムは、高いリサイクル性や軽量性を持つことから、その普及によって、循環型社会による資源の節約・省エネルギー化が促進され、地球環境保護に貢献できると考えています。

ここに注目

当社グループは「人と社会と地球のために アルミニウムのValue upに極限まで挑戦し 環境に配慮した豊かな未来を築く」を理念に、新分野を含む製品開発や市場開拓に取り組んでいます。
当社は熱交換器分野に強みを持っており、当社の材料は世界中の車・エアコンなどに搭載されています。

企業HP

日本新金属株式会社
日本新金属株式会社

私たちは、三菱マテリアルグループの一員として長い歴史を持つ、粉末冶金用の原料等を製造するリーディングメーカーです。当社主力のタングステンはレアメタルとして注目を集めており、国内で供給している会社は数社しかなく、業界でトップクラスのシェアを誇ります。長年磨き上げてきたタングステンの精錬技術を最大の強みとして、世界のユーザー様から高い評価を得ています。また、当社で扱うレアメタルの分野は太陽電池や光触媒など新分野からのニーズも増えてきており、今後も時代の流れと共に成長し続けていきます。

ここに注目

主力製品であるタングステンカーバイドは粉末冶金原料として専門工具に利用されるほか、家電製品(液晶テレビ、携帯電話)、触媒、顔料など、ありとあらゆる業界でニーズが殺到。日本の産業を支えていると言っても過言ではないでしょう。私たちは感性を磨いた「人」と「技術」と「粉末」により、豊かな社会の実現に貢献したいと考えます。

企業HP

MMCツーリング株式会社
MMCツーリング株式会社

三菱マテリアル加工事業カンパニーのグループ会社として、切削工具の製造及び再研削・再コーティングを行っております。本社工場では、三菱マテリアルグループが培ってきた素材技術、研削技術、コーティング技術を駆使した、高精度で長寿命な再研・再コーティングサービスを提供しています。京都工場では、自動車、航空機、造船産業などで欠かすことのできない特殊の切削工具を製造しています。『お客様と約束した納期に品質信頼度No1の製品をお届けする』をモットーに、日々、この世に一つしかない特殊工具の生産に励んでいます。

ここに注目

世界でもトップレベルの研削・切削技術を活かした、他社に例を見ない高精度な工具をお客様へ提供しており、高い評価を頂いております。

企業HP

MMCリョウテック株式会社
MMCリョウテック株式会社

三菱マテリアル加工事業カンパニーの主力子会社として、超硬合金素材、耐摩耗工具、建設工具、切削工具を素材から工具まで一貫生産しています。 ミクロン単位はもちろん、ナノレベルの加工を目指して高精度を追求し続ける耐摩工具事業部、豊富な経験を武器に削岩機メーカー等とのジョイントを図って地球規模で市場を開拓し続ける建設工具事業部、市場ニーズに応え付加価値のある工具素材に挑み続ける素材事業部等の優れた性能と品質でユーザーからの厚い信頼を得ています。

ここに注目

新しい発想で設計・技術開発。超硬合金を利用した「ものづくり」の可能性は無限です。
ユニークな技術で新しいマーケットを創造。No.1企業集団の一員として循環型社会に貢献していきます。

企業HP

小名浜製錬株式会社
小名浜製錬株式会社

1963年12月、日本初の銅の共同製錬所として、三菱マテリアルとその他非鉄金属各社の出資によって設立されました。 東日本では唯一の銅製錬所であり、電気銅(国内シェア約17%)・硫酸・石膏を生産する銅製錬事業、銅合金であるビレットやケークを製造する銅加工事業、銅製錬プロセスを活かして廃自動車等から発生するシュレッダーダスト(国内シェア約12%)等の廃棄物処理を行うリサイクル事業を行っており、産業活動を通じて循環型社会の実現に貢献しています。

ここに注目

シュレッダーダスト等の廃棄物処理量では日本トップシェアを誇る他、2013年10月には使用済みの電子基盤類など金・銀を含んだ有償リサイクル品の集荷・処理も開始し、資源の有効活用と再資源化に取り組みながら新たな収益の柱を確立しています。

企業HP

株式会社ダイヤメット
株式会社ダイヤメット

1944年三菱鉱業新潟金属工業所として創設。2009年三菱マテリアルの100%子会社化。創設70周年を迎え、築き上げてきた当社固有の粉末冶金技術で国内外に通じるモノづくりを行っています。常に最先端の製品を提供し続け、高い品質とサービスにより「ダイヤメット」は信頼のブランドとして内外から厚い支持を得ています。地球環境保全が課題となっている現在、新しい分野への取組みも進めており、自動車の燃費向上技術や自然エネルギー発電に関わる製品の開発・製造にも注力し、これからも積極的に社会のニーズに応え続け焼結製品のトップブランドを目指します。

ここに注目

自動車産業の中で、日本をベースに中国、マレーシア、インドネシアといったアジア地域の拡大を図るとともに、北米地域への事業展開も検討しています。 グローバルに活躍、躍進し続ける企業として、新たな目線をもった若い皆様と働ける事を楽しみにしています。

企業HP

三菱伸銅株式会社
三菱伸銅株式会社

三菱伸銅は2015年に創立90年を迎えました。当社は銅および銅合金を加工・販売する国内最大の伸銅メーカーです。自動車、エレクトロニクス分野を中心とした様々な産業において、その基礎を築く素材である「銅」が重要な役割を担う中、当社の製品が様々な分野で用いられています。三菱マテリアルグループの一員として、銅の製錬(原料)から加工(製品)までの幅広い分野での情報を共有している強みを活かし、これからも素材開発・生産技術の発展を通して、より豊かな社会づくりに貢献していきます。

ここに注目

三菱マテリアルとの共同研究により、自動車の端子材向けの新銅合金「MNEX10」および「MSP5」を開発いたしました。また、当社の開発部門から誕生した鉛フリー銅合金「ECO BRASS」は世界的に鉛規制が進む中、環境先進国である北米・欧州において高い評価を得ており、グローバルスタンダード材を目指して世界各地域への供給体制を強化しています。

企業HP

三菱電線工業株式会社
三菱電線工業株式会社

三菱電線工業は、ロケットや航空機等に使用されるシール・パッキン製品、レーザー加工機やレーザー治療に使用される光ファイバ応用製品を主力製品とし、自動車や半導体を含む最先端の産業分野に高付加価値で信頼性の高い製品・サービスを提供しています。当社の製品は通常目にすることは少ないですが、各種産業分野においては製品の安全性や性能を大きく左右する必要不可欠なものです。今後は、創業以来100年以上に渡って培ってきた「材料」「設計」「製造」のコア技術を武器に、更にグローバルに挑戦していきます。

ここに注目

当社は、1958年に日本で初めて航空機用シール部品「Oリング」の製品化に成功しました。航空宇宙分野で要求される「絶対的な信頼性」を強みにロケットや人工衛星にも展開してきました。近年では、小惑星探査機「はやぶさ」「はやぶさ2」や、国産のジェット旅客機にも当社のシール製品が採用されています。

企業HP

三菱日立ツール株式会社
三菱日立ツール株式会社

「超硬工具」の製造販売。私たちは1928年に創立の後、日立グループを経て、2015年4月に三菱マテリアルグループの一員となりました。私たちが作る超硬工具は、日本の製造業を古くから支える縁の下の力持ちです。工具によって金型が作られ、それを元に航空機部品や自動車部品、ペットボトルやボールペンが生産されます。大量生産されるモノの多くは超硬工具が支えているのです。これからも「開発技術」を武器に、縁の下の力持ちを世の中へ広めていきます。

ここに注目

日刊工業新聞社主催の「超ものづくり部品大賞」にて第1回から13年連続で受賞を続けております。客観的評価に基づく「技術力」の表彰は、当社にとって大きな自信となっています。これからも一層の評価をいただくべく、日々の研究開発に邁進してまいります。

企業HP

三菱マテリアルテクノ株式会社
三菱マテリアルテクノ株式会社

当社はお客様の立場に立った視点で多種多様な業界のニーズにお応えするトータルエンジニアリング&コンサルティング会社です。 主力のエンジニアリング事業と資源・環境・エネルギー事業と装置製造事業など幅広い事業を展開しており、三菱マテリアルグループの中核企業として非鉄金属から化学、製薬、製紙、半導体、窯業など、様々な産業分野において製造技術とエンジニアリングを通して支える大切な役割を担っています。

ここに注目

「お客様の技術を支える技術があります」をキャッチコピーに掲げる当社の一員として活躍して頂ける人材を求めています。

企業HP

ユニバーサル製缶株式会社
ユニバーサル製缶株式会社

2005年10月1日、三菱マテリアルと北海製罐(現ホッカンホールディングス株式会社)の飲料用アルミ缶事業部門が統合されて誕生しました。「人と社会と地球にやさしい飲料容器の提供」を目指して、アルミ缶の素材から製缶、リサイクルまでをグループの総合力でカバーすることができます。「持ちやすい、開けやすい、注ぎやすい」製品にこだわり、食の安全やお客様のニーズを考えながら製品開発に取り組んでいます。

ここに注目

「Can For You!」を全社スローガンとしており、アルミ缶事業を通して、全てのステークホルダーに対し喜びと感動を与える為に日々奮闘しています。また、過去に固執しない新しい未来を切り開く為、我々は「Charenge!」を合言葉に1人ひとりが新たなことに取組み、パワーアップした新しいユニ缶を目指しています。 〜飲料容器を通して新たな自分に挑戦してみませんか?〜

ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.